読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猥談ひとり旅

猥談ひとり旅

猥談ひとり旅

作家
カレー沢薫
出版社
日本文芸社
発売日
2018-11-23
ISBN
9784537261967
amazonで購入する Kindle版を購入する

「猥談ひとり旅」のおすすめレビュー

「オトナのオモチャ」「変態プレイ」「風俗」… 笑えて頷けるアダルト事情

『猥談ひとり旅』(カレー沢薫/日本文芸社)

 趣味はエゴサーチと課金、漫画家・コラムニストのカレー沢薫氏の著書『猥談ひとり旅』(日本文芸社)が11月23日に発売された。本書は『週刊漫画ゴラク』で連載中のコラム「使えなそうで、やっぱり使えないエロ知識」を書籍化したものだ。テーマはずばり「エロ」。セックス用家具の紹介から乳首の種類(ちなみに8種類)まで、エロ知識を網羅する注目の1冊だ。

 著者は他人のセックスには興味津々だが、自分の性体験は恥ずかしくて語れないタイプ。漫画やコラムにはよくエロネタを取り入れているが、あくまで漫画上のストーリーや見聞などにとどまる。ところが今回、著者は「私も実はここだけの話、セックスをしたことがある」と大胆発言(ちなみに30代の人妻)。

 そんな著者が挑戦した本作は過去の作品同様に抱腹絶倒であり、「人前で読まなくてよかった」「書名を店員に尋ねたら怪訝な顔をされた」などの感想が続々とツイッターに投稿されている。もちろん著者はエゴサーチが趣味というだけあって読者の感想を驚く速さで連日リツイートしている。その速度は「10秒に1回エ…

2018/12/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

猥談ひとり旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさひろ

暇つぶし読書だったが、まぁまぁ有意義だった。 この人のコラムはやはり面白い。センスの塊。

2018/12/08

いっち〜

キンドルセール本。実はこの本を読む際、他人の居る所では絶対読まない(読めない)枠で読み始めたけど、その予想は的中した。カレー沢先生に本気で下ネタを書かせるとどうなるかが嫌というほど分かったけど、更に恐ろしいのはほぼ毎号かっ飛んだエロネタを提供し続ける漫画ゴラク編集部員。事務員までネタ提供してくるのがもはや末期。内容も従来作より更に下ネタ偏重であまりにも局所的なエロ知識だらけ。正直、カレー沢先生の作品の中でもぶっちぎりで人に勧めづらいけど、いざ読んでみると癖になってサクサク読めてしまうのがまた恐ろしい

2019/09/29

西澤 隆

たとえばさくらももこが「うみのさかな」名義でやったいろんなモノへのツッコミを懐かしく思いだした。ゴラクを出している会社は「日本文芸社」って名前なのか。すごいな、この名前。そして、ゴラクの編集者がどんな風に剛の者なのか、おもわずニヤニヤしながら読んでしまう猥談コラムは、妙な品があって下世話なれどなんとなく冗談で済んでしまう感じ。このキワキワを斬る感じは、達人だなあ。各所に出てくる表現にも「!!!」に光るところがあるし。でもいっぺんに読むのは2~3篇でいいかな。何回かにわけて読もうとか、思っちゃうけど(笑)。

2019/07/08

ももん

Kindle。興味はあったけど、書店でレジには持っていけん(笑)電子書籍文化に感謝。やっぱり面白いなぁ。勿論下ネタ満載なんだけど、下品さはあまり感じず、何時ものキレキレな文章!ものすごーくTENGAに興味が湧いてしまってググってしまったけど、ほんとにデザインかっこよかった...。

2019/07/16

ニコル

何の才能もない星野源って言い回しがツボに入りました。自分だったらなんと言い換える?と考えたけど、誰も傷つけずにこれほどインパクトある言い回しは考えつかなかった。さすがだわ。

2018/12/09

感想・レビューをもっと見る