読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うおつか流 食べつくす!: 一生使える台所術 (かんがえるタネ)

うおつか流 食べつくす!: 一生使える台所術 (かんがえるタネ)

うおつか流 食べつくす!: 一生使える台所術 (かんがえるタネ)

作家
魚柄仁之助
出版社
農山漁村文化協会
発売日
2020-03-05
ISBN
9784540191459
amazonで購入する Kindle版を購入する

うおつか流 食べつくす!: 一生使える台所術 (かんがえるタネ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

うおつか流全開。「残さず食べましょう」は単なるモラルの問題であり、根本的な解決ではない、というのに目からウロコ。ゆえに「食べつくす」ための加工技術が必要となる。保温調理がまとめになってしまっているけど、きゅうり100本もらったらそれを食べつくすためにどうすればいいか、と頭を使いましょう、ということで。90歳の方が片手間でやっている畑で100本キュウリができてしまう。自然な農業って人を養うに余りある実りがあるんだなあ。

2020/11/17

おおにし

21世紀的調理法として紹介されているのは保温調理法。以前より「はかせ鍋」を使っている私としては特に目新しい話ではないが、うおつか流としてさらに普及することを期待したい。

2020/10/27

tetsubun1000mg

相変わらず食材を大切に無駄なく使う魚柄さん。 新鮮とれたてのキュウリの一か月100本使いまわしはすごい!  今回は保温調理のやり方とその効用を実演式で紹介している。  穴のない蓋つきの鍋を探して保温調理をやってみようかな?

2020/06/08

ris3901

きゅうりレシピの数々が面白かった。このパターンでよく実家で困っている大量の不揃い大根やカブ、トマトなども展開して欲しかったけれど塩漬けや保温調理の話に。鶏肉の塩漬けは肉の重さの10%の塩で3日おいてラップして蒸す。塩分多すぎでは?我が家はよく3%塩で3日おいて茹でますが、茹でることで塩分が程よく抜けているので。試す勇気がでない。保温調理は聞いたことある方法でした。うおつかさんの本は久しぶりですが、昔の調理法をよくご存じで比較も面白かったです。

2021/03/01

ぴちゃこー

見た目は怪しげ(ごめんなさい)な魚柄さんですが、無駄なく、美味しく、食べつくす精神が大好き!どんな調理器具よりも料理は知恵と科学。保温調理は体験済みだけど、豚汁なども挑戦してみます!

2020/10/13

感想・レビューをもっと見る