読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ピアスの白い糸―日本の現代伝説

ピアスの白い糸―日本の現代伝説

ピアスの白い糸―日本の現代伝説

作家
池田香代子
高津美保子
渡辺 節子
大島 広志
常光 徹
出版社
白水社
発売日
1994-11-01
ISBN
9784560040447
amazonで購入する

ピアスの白い糸―日本の現代伝説 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

【再読】題名の通り、都市伝説集。東京の水元公園でバイク少年、張られたロープで転倒死。ゴキば擂り潰して毛生え薬に!本当に生えるの!?!?1988.1月、コインロッカー・ベビー、死体で発見@大宮駅。1977年には既に幽霊の噂が…。バクシーシー=インドの物乞い。AV監督にバクシーシ山下ていたよな。単独強姦だと都市伝説化しないが集団レイプとなると噂がワッと拡がる謎…。我が市でも20年近く前、M・MなるスーパーのトイレでJSかJCが複数の中学生から性器にモップの柄ば突っ込まれたちゅう噂が……。あれ、やっぱ嘘話!?

2017/04/23

KBS

有名どころの幽霊や妖怪も面白かったけど動物関係の話が好き。他と違って普段よく知っている存在なのでうわさの持つ妖しさがくっきりとしてる。

2012/02/27

doradorapoteti

日本だるまとか白い糸とかメジャー系が多いな。

2009/10/30

じゃくお

少し内容が薄いので古本屋で安く買うならオススメ。

2014/08/13

メイロング

80年代とはもっとも現代伝説が花盛りだった頃なのでは。もちろん2ちゃんやツイッターで怖い話は生産され消費されているのだけど、昔みたいに人口に膾炙される熟成期間をもたないので、まばたき一つの間に消えてしまっている。もう口裂け女や赤マント現象は起きないのかなあ。いろいろなことを考えさせてくれたシリーズになりました。

2012/08/19

感想・レビューをもっと見る