読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界の真上で (ポール・ボウルズ作品集)

世界の真上で (ポール・ボウルズ作品集)

世界の真上で (ポール・ボウルズ作品集)

作家
ポール・ボウルズ
Paul Bowles
木村恵子
出版社
白水社
発売日
1993-11
ISBN
9784560044964
amazonで購入する

世界の真上で (ポール・ボウルズ作品集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

河内 タッキー

『笑ゥせぇるすまん』的な、何の罪もない人が不条理にも罠にはめられ、悲惨な目に遭うという何とも後味の悪い話だ。南米と思われる架空の町が舞台になっているが、話の悲惨さはともかく、情景は蒸し暑く幻想的でもある。

2018/05/02

ヒルデ

訳者あとがきで言うほどにおどろおどろしくはラリってなかったような…… あとミステリーっていうほどミステリーでもない。

2012/03/22

感想・レビューをもっと見る