読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おわりの雪

おわりの雪

おわりの雪

作家
ユベール・マンガレリ
田久保麻理
出版社
白水社
発売日
2004-12-10
ISBN
9784560047989
amazonで購入する

おわりの雪 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

夜中にしんしんと降り積もる雪を見つめているような心地になる小説。トビをどうしても買いたい少年が主人公で、彼は結末で大きな喪失を味わう。小さな町の小さな世界の話だが、心の深いところに届く力を持っている。くわしくは描かれていないのだが、登場人物の多くが心に痛みを抱えており、その点を作者は細やかに優しく描き出す。少年が憧れているトビだけが、生き生きとした存在で日々の生活を超えた世界とつながりを持っている。少年と父親の絆の描き方に感動した。父は彼の作り話にも真剣に耳を傾ける。この絆はきっと少年の宝物になるだろう。

2017/11/25

あつひめ

外国の作品を読むと毎回感じる。原作のまま読めたらもっと作者の言いたいことが見えてくるんだろうなぁと。とても美しい描写。雪の冷たさも老人の笑顔の生きている温もりも感じられるけどどこかが切り取られた印象を受けてしまう。それはどうしてなのか?と思いながらいくつもいくつも切り取られたものを探しながら読み進めるけどいつの間にかラストを迎えてしまった。命…父親、仔猫、老女、犬、そしてトビの命。人間という欲を持つ者の考えが美しい雪の中に泥の足跡のように点々と汚していくようなことを美しく取りまとめている複雑な気もする。

2012/11/03

雪うさぎ

スノードームの雪のように、記憶はいつもここに戻ってくる。おわりの雪とは、父が見た最後の雪。少年の頃の最後の思い出。その色は哀しみを帯びている。仄暗い部屋の中、少年は物語を語り、父親はそれに聞き入る。その姿がランプに照らされ天井に影を落とす。屋根を打つ雨の音が分け入り、二人は静寂に身を潜める。沈黙が父と子の絆を深めていく。生と死を初めて感じた年のことが、心のひだに深く刻まれ、頭から離れない。力強い翼を持ちながら鳥籠に閉じ込められたトビのように、空想の中でだけしか自由に羽ばたけない少年の姿が、とても切ない。

2016/09/27

わっぱっぱ

貧しいから辛いのではない。病めるから辛いのではない。愛があるから、つらいのだ。愛とは痛みに他ならず、記憶は喪失でしかない。そんな哀しみを清冽に描いた物語。しかし読み心地は不思議なほど静けさをたたえている。語り手が回想する小さな世界は、ささやかな奇跡に満ちていていっそ優しい。そう、愛はまた限りない優しさでもあるのだ。冬枯の景色、父子の会話、生命の手触り、、、すべてを抱擁するように雪は降り積む。佳篇。

2018/02/22

キムチ27

白水社の作品らしい。金原さん訳の詩情に似通う。僕と父の心の交流・・言葉を恐ろしくそぎ落として。白い雪、灰色の空、時々入ってくる青の色。小動物・・鳶であったり、犬であったり、子猫を袋に詰めて命を奪ったり。生活はあくまでも質素、養老院で働き、つましい食事をして、母親にもボルグマンさんにも抑え気味な態度がよく解る。父親は社会的不適応者の匂いがするが少年との言葉は不器用ながら訥々と続いて行く・・最後の日まで。この雪が解けたら父は???でも少年は大人になって行きこの雪の中の父との思い出の匂いが原風景となるのだろう。

2018/04/19

感想・レビューをもっと見る