読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女子サッカー140年史:闘いはピッチとその外にもあり

女子サッカー140年史:闘いはピッチとその外にもあり

女子サッカー140年史:闘いはピッチとその外にもあり

作家
スザンヌ・ラック
実川元子
出版社
白水社
発売日
2022-11-18
ISBN
9784560094723
amazonで購入する

女子サッカー140年史:闘いはピッチとその外にもあり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スプリント

著者がイギリスの若い記者のためか欧州と北米にしかスポットがあてられておらず、アジアで初めてW杯を制した日本についてはほぼ触れられていない。 残念に思っていたが訳者あとがきで日本の女子サッカーについてページを割いてくれていた。

2023/01/07

paxomnibus

子どもの頃「サッカーは女子にはできない」と言われていたが、それは男がそう思わせたかっただけだった。本書には現代社会が抱えるジェンダーギャップの全てが描き出されている。「男」の社会に「女」が参入しようとする時如何に叩かれるか。無視され、罵倒され、女には無理だとチャンスを奪い、徹底的に潰しに来る。それを凌げば今度は成果を奪い手柄を横取りし、利益が上がれば搾取に来る。 何故かなでしこジャパンが優勝した大会のみ触れられていないのだが、代わりに巻末に訳者による日本女子サッカー小史アリ。道を拓いてくれた先人達に深謝。

2023/01/30

感想・レビューをもっと見る