読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ベストセラー本ゲーム化会議

ベストセラー本ゲーム化会議

ベストセラー本ゲーム化会議

作家
麻野一哉
米光一成
飯田和敏
出版社
原書房
発売日
2002-10-01
ISBN
9784562035564
amazonで購入する

ベストセラー本ゲーム化会議 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NOJI

面白かった。 もっと続編出してくれたらいいのに。

2017/05/13

Yumiko Kaneda

○われわれは、本を愛するゲーム作家集団である!われわれはあらゆるベストセラー本のゲーム化を妄想する!われわれは、ベストセラー本を通じてヒットのコツを会得する!(ていうかしたい!) ☆「冷静と情熱のあいだ」iアプリ+ゲームウォッチとか(笑)

2009/11/16

trash

舞城王太郎『煙か土か食い物』、中原昌也『あらゆる場所で花束が...』、小林よしのり『戦争論2』、筒井康隆『愛のひだりがわ』、辻仁成、江國香織『冷静と情熱のあいだ』などをゲーム化したらどうするか?、シューティングや音ゲーにしてしまえ。といった無謀にも感じられる企画本なんだけど、プロのゲーム制作者が話し合っているのでなんとなく納得できるようなゲーム企画になっているのが凄い。本作りとゲーム作りでここまで考えかたが違うのかって感じられるのも面白い。これいくつか続編があるそうなのでそれも読みたいな。

2013/10/13

脂肪分

ザ・与太話。

2006/02/18

akiu

ゲーム作家3人で、ベストセラーなどの話題本をもしもゲームにしたら、というテーマにかこつけ、読書会形式で感想を言い合うしゃべり場って感じでした。作品の内容についてあれこれ放談しているさまが楽しく、いざ本題であるゲーム化の話に入るとその無鉄砲な面白さが一段落ちてしまう感じがしますが、紹介されている本が読みたくなるという点では、とても良かったと思います。みうらじゅん読みたし。あと米光さんの『虹』解釈は目の覚めるような思いがしました。

2011/02/16

感想・レビューをもっと見る