読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不可能犯罪コレクション (ミステリー・リーグ)

不可能犯罪コレクション (ミステリー・リーグ)

不可能犯罪コレクション (ミステリー・リーグ)

作家
石持浅海
加賀美雅之
大山誠一郎
鏑木蓮
岸田 るり子
門前典之
二階堂黎人
出版社
原書房
発売日
2009-06-01
ISBN
9784562042968
amazonで購入する

不可能犯罪コレクション (ミステリー・リーグ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

不可能犯罪を題材としたミステリ短編アンソロジー。二階堂黎人さん選出6名の作品を収録。一つのテーマに対して各人各様の手法が見られて楽しめた。この手のものは色々な味が楽しめるのが嬉しい。型は密室、衆人環視殺人、自殺のみの状況など。物理トリックも楽しめたが、心理的なトリックも派手さは無いが割と好みで印象に残った。大山さんのは(既読)切れ味のいいロジカルで好き。石持さんのは舞台設定に妙味。シニカルな世界観が目を惹いた。岸田さんのはじわじわと来て納得、最後に再度合点といい感じで読ませてもらった。競作を楽しめた作品。

2017/02/16

ホームズ

『佳也子の屋根に雪ふりつむ』『父親はだれ?』が面白かったです(笑)門前典之の作品は蜘蛛手が登場していたのは良かったです(笑)鏑木蓮は相性があまりよくないのか少し読みにくかった。ベルトラン・シリーズはあまりでした・・・。期待したから余計かな(笑)

2012/03/17

ゆっこの部屋

二階堂さんが読者に紹介したい作家さんたちの短編集。「佳也子の屋根に雪ふりつむ」と「父親はだれ?」が面白かった。私が最近よく読む石持作品「ドロッピング・ゲーム」はパラレル・ワールド。こんな小学生は怖い。「シャルル・ベトラン」シリーズは私には合わなかった。

2016/05/20

yoko**

 久しぶりに再読。今回は時系列を書いたり、せっかくなので前回より丁寧に読んでみた。全体的によかったのでいちばんは決められず。

2021/09/26

yoko**

石持浅海氏以外は初読み。若手作家を起用とあったけれど、なかなかの充実ぶりです。

2019/07/02

感想・レビューをもっと見る