読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アリバイ (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)

アリバイ (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)

アリバイ (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)

作家
アガサ・クリスティー
マイケル・モートン
山口雅也
出版社
原書房
発売日
2019-06-14
ISBN
9784562056705
amazonで購入する

「アリバイ (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)」の関連記事

ミステリ界の鬼才・山口雅也、アニバーサリーイヤーを締めくくるトークライブ 1月20日開催!

2019年、80年代の単行本初収録短編を集めた作品集『ミッドナイツ《狂騒の八〇年代》作品集成』(講談社)と、発表30周年記念“永久保存版”『生ける屍の死』(光文社)を上梓し、製作総指揮を務める海外ミステリ叢書「奇想天外の本棚」(原書房)をスタートさせた山口雅也さん。そんなアニバーサリーイヤーを締めくくるトークライブが開催決定!

日時:2020年1月20日(月) 20:00~22:00 (19:30開場) 場所:本屋B&B(下北沢) 入場料:■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)     ■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)

出演 山口雅也(推理作家) 森永博志(フリーエディター) 新井素子(SF作家)

山口さんが師と仰ぐ、草創期の『POPEYE』『月刊PLAYBOY』 を手掛けた編集者・森永博志さんと、長年親交を深めるSF作家の新井素子さんをゲストに迎え、自身の作家としてのルーツと35年間を振り返ります。山口作品の愛読者はもちろん、すべてのミステリファン必聴の2時間を、どうぞお楽しみに!

参加申し込みはこちらから

※ダ・ヴィ…

2020/1/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

アリバイ (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

geshi

傑作『アクロイド殺し』の戯曲版。原作の衝撃を越えることは不可能なので劇としての余韻を味わえる形になっている。元は隠していた関係性を分かりやすく出してキャラクターの立ち位置を平易にしているのは正しいアレンジだと思う。何より現場が目の前にあるので、トリックがそこにあったと見ている側に確信させる実在感の強さがある。原作よりもポアロを紳士的にしたことと、あるキャラの設定を変えたことが効果的で、ラストでクリスティーのポアロではあり得ない行動を取らせるのが胸に響く。

2019/07/19

タリホー

『アクロイド殺し』の戯曲化。映画「情婦」に出演したチャールズ・ロートンが世界で初めてポアロを演じたとして有名。話の流れは原作に沿っているが、ポアロに女中がいたり、凶器の短剣が本の栞として使われていたりと、所々に改変やカットされた部分がある。原作ならではのトリックが使えないため、タイトル通りアリバイの面をポイントにしている。結末については舞台劇として妥当な落し方かなと思うが、やはり物足りなさは感じる。

2020/03/12

engidaruma2006

アガサ・クリスティの代表作『アクロイド殺し』の戯曲化作品。小説版のあの有名な技巧を、戯曲ではどうするのかが一番の関心事だったのだが、このアレンジは見事。こっちの方がポアロの推理に無理が無いし、不満も残らないだろう。 山口雅也さんの訳文が凄く読み易くて良かった。当初はポワロのセリフが小説版よりへりくだっているのが気になったが、最後の場面で逆にそれが生きてきて、胸に迫る物があった。これは文句無しの傑作。

2019/07/15

しゅー

★★ クリスティーの有名作品を当時の劇作家が戯曲化したと言う珍品を、ミステリ作家山口雅也さんが新訳。有名作だけに私のように犯人を知って読む読者の方が多いことでしょう。巧く戯曲化されているな、とは思います。ただ、あくまでもクリスティーファンが楽しむものですかね。

2019/08/23

こじりん

舞台の台本形式とは、びっくり。小説の結末の驚きとは比べられない。

2020/06/15

感想・レビューをもっと見る