読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界で読み継がれる子どもの本100

世界で読み継がれる子どもの本100

世界で読み継がれる子どもの本100

作家
コリン・ソルター
金原瑞人
安納 令奈
出版社
原書房
発売日
2020-10-22
ISBN
9784562057948
amazonで購入する

世界で読み継がれる子どもの本100 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モモ

シャルル・ペローの昔話から、『アンネの日記』、『怪物はささやく』など幅広く紹介されている。『たのしい川べ』の初版本の表紙が載っている。マイケル・モーパーゴ『戦火の馬』。モーパーゴが書こうか迷っていた時に、吃音がある少年が馬に話しかけ、馬の「子どもに寄り添うべきだと心得ていた」姿を見て書こうと決心した。などエピソードもあり興味深い。ジュディス・カーのモグシリーズに、モグが亡くなる絵本が出版されていることに驚いた。日本語訳はないので出版してほしい。いろいろと発見のある一冊でした。

2020/12/22

くさてる

グリム童話から、ピーター・ラビットにクマのプーさん、といった定番絵本に留まらず、「アンネの日記」やYA物まで、幅広く選ばれた、子どものための100冊の本。知っているものもあれば知らないものもあったり、絵は知ってても話を知らなかったり、たくさんの発見があって面白い本でした。カラー図版で紹介されて解説も分かりやすく、邦訳の紹介もきちんとあります。子供時代を思い出すとともに、自分のこれからの読書の参考にもなりそうな一冊でした。

2021/02/13

おはなし会 芽ぶっく 

冒頭の『がちょうおばさんの話』が児童文学のルーツだそうで(1697年)そこから300年超の中で出版された本の中から100冊選ばれたガイドブック。カラーなのが嬉しいし、読んでない本との出会いにワクワクする。歴史的な見解がありつつ難しくない言い回しについつい紹介された本を読んでいる気分にもなれる。オバマ元大統領とミシェル夫人が『かいじゅうたちがいるところ』の読み聞かせをしている写真があり、イースターの恒例行事だそうで驚いた(171P)。100冊のうち4冊のみ未訳。購入予定!

2021/01/24

向山 彰彦

知らない本がたくさんで、そこは刺激される。 物語自体の紹介より、著者や当時の状況などの解説が多め。あくまでどんな話か概要知るには向いてない。

2020/10/25

Incisor

読みながら、邦訳は出ているのか、今も読めるのか、と巻末の邦訳情報をめくっては、読みたい本が広がっていくのが、地図を見ながら旅の夢が広がるようだった。そうした本を読んだ後も再び本書のページをめくりたくなる、きっとこの先何度も開く本だと思う。

2020/12/11

感想・レビューをもっと見る