読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ほろ苦いラテは恋の罠 (コージーブックス)

ほろ苦いラテは恋の罠 (コージーブックス)

ほろ苦いラテは恋の罠 (コージーブックス)

作家
クレオ・コイル
小川敏子
出版社
原書房
発売日
2019-08-03
ISBN
9784562060979
amazonで購入する Kindle版を購入する

ほろ苦いラテは恋の罠 (コージーブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

シリーズ17弾。マッチングアプリに潜む危険な罠。離婚して寂しいからって、片時もスマホを離さないマテオが哀しい。そら見たことか!という目に遭うが、マテオファンとしてはもう少しカッコよくいてほしい。毎度のことながら、終盤の潜入にはハラハラどきどきだった。そろそろ大団円かな。

2019/09/26

マテオ~(>_<)何てことでしょう、マッチングアプリ…。終わりのプレゼントは、素敵です(^^)マテオ、かっけ~。次作は、結婚式が読めるのかしら?

2019/10/21

Hannah_Swensen

NYの老舗コーヒーショップ「ビレッジブレンド」のマネージャーのクレアが事件解決に挑むコージーミステリーの第17弾。クレアの元夫のマテオもハマる流行中のマッチングアプリ。映えなデートスポットとして大繁盛していたビレッジブレンドだったが、アプリで知り合ったひどい男に復讐を試みた女性がクレアの店で発砲事件を起こす。事件の動画は瞬く間に拡散し、客足が途絶え店は閉店の危機に。原因となったアプリの創業者がクレアにイメージアップの企画を持ち掛けるが。今回はマテオが結構活躍した? 好きなシリーズなので次も楽しみです。

2019/11/12

きょん

今回はマッチングアプリを巡る殺人事件。銃やドラッグが関わってくるのはアメリカっぽいけど、アプリの写真とSNSだけで判断するのではなく、人間同士話したり一緒に過ごすことで本当の絆が生まれていくというクレア達の考え方は日本人としても理解できて何だか安心する。

2019/08/20

イーストゲート@デイリー

コージーブックス。コクと深みの名推理17巻目。シリーズ初読み。シリーズの舞台となるコーヒーハウスで発砲事件。マッチングアプリによって人気のデートスポットとなったコーヒーハウス。現場の動画が拡散され、お店は窮地に陥る。さらにもう一つの遺体が発見される。お店のマネージャー、クレアが事件解決に立ち上がる。開発途上のマッチングアプリはビジネスとしても魅惑的でありながら、その危うさ脆さもあって、犯罪を呼び寄せてしまう。ラストにきて事件の真相がしだいに明らかになってくる。スピード感と話の展開が軽快で楽しめる話でした。

2019/11/05

感想・レビューをもっと見る