読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アガサ・レーズンの探偵事務所 (コージーブックス ビ 1-15 英国ちいさな村の謎 15)

アガサ・レーズンの探偵事務所 (コージーブックス ビ 1-15 英国ちいさな村の謎 15)

アガサ・レーズンの探偵事務所 (コージーブックス ビ 1-15 英国ちいさな村の謎 15)

作家
M・C・ビートン
羽田詩津子
出版社
原書房
発売日
2021-02-05
ISBN
9784562061136
amazonで購入する Kindle版を購入する

アガサ・レーズンの探偵事務所 (コージーブックス ビ 1-15 英国ちいさな村の謎 15) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごへいもち

いろいろと登場人物が多いしミステリとして謎を追うというより「アガサレーズン」を楽しむ。いつもながら思い立ったらパッと海外に行ったり失敗を多額のお金ですぐにカバー出来る財力が素敵

2021/02/22

bianca

◎な15作目。作者は亡くなっているが30作まで原稿があるそうで、ちょうど半分まで来た!というところ。本書でアガサは大きな転機を迎える。ずっとウジウジ思っていたジェームズの名前は一切なし。自分の探偵事務所を開いて本格的に事件を扱うことにしたのだ。かなりぶっ飛んだ設定・キャラ登場で、本当に作者が思う存分楽しんで書いているのがわかり、元気をたくさんもらえる作品。秘書のエマ(67歳)が特に強烈だった。いや~こんなシニアがいたら…ブルブル。アガサのクリスマス料理も面白い。ずっと翻訳が続いて出版されることを祈ります。

2021/05/17

一柳すず子

アガサが探偵事務所開いた!相変わらずお金のばら撒き方が半端ない。一癖ある隣人は今回は女性。元刑事のパトリックは仲間になりそうだけど、後書きで次作の紹介もなく、次は出るのかな。出て欲しい!

2021/04/24

感想・レビューをもっと見る