読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)

作家
ロアルド・ダール
クエンティン・ブレイク
Roald Dahl
Quentin Blake
柳瀬尚紀
出版社
評論社
発売日
2005-04-30
ISBN
9784566014114
amazonで購入する

「チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)」のおすすめレビュー

村上春樹にミヒャエル・エンデ…物語とチョコレートの“いい関係”にひたれるおすすめ本

 古今東西、物語に描かれたチョコレートを見てみると、人とチョコのただならぬ関係が見えてくる? 『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』『芥川賞ぜんぶ読む』などの著作が話題の小説読み・菊池良さんに、チョコレートが登場する小説を教えてもらいました。

『ねむり』村上春樹

『ねむり』(村上春樹/新潮社)

 突然眠れなくなった「私」はその時間を埋めるように読書へ没頭する。彼女の身体に起きている変化とは? 元は『TVピープル』に収録された短編がバージョンアップ。カット・メンシックによる美しいイラストも見どころ。

ブランディーとチョコレートで読書を

 村上春樹の『ねむり』は「眠れなくなって十七日めになる」という印象的な書き出しではじまる。  歯科医の男と結婚して子どももいる「私」はある日突然、眠れなくなった。病院には行っていないが、それは不眠症ではないと「私」は感じている。それは「眠りにくい」のではない。彼女はほんとうに一睡もできなくなってしまうのだ。彼女の重大な変化に、家族は誰も気づいていない。 「私」は夜になるとベッドを抜け出して、ソファーに座り一人で『ア…

2020/2/13

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

ロアルド・ダールは初読。イギリスの作家だが、この単純明快さはアメリカ人かと思うほど。子供の時に読んだのならば、この荒唐無稽さも手放しで受け入れられたのだろうか。物語の構造も人物造形もいたってシンプル。面白そうなら、もうなんでもアリ。その上に、嫌なヤツは大人も子供も懲らしめてやれという発想。もっとも、そこに毒はなく罪もない程度なのだが。篇中にはいくつか歌が出てくるが、それを含めて英語で読めばもう少し楽しめそうな気はする。それとも、読む時期を数十年逸したのだろうか。

2017/06/24

ヴェルナーの日記

著者の作品は、"Menippean Satire"(メニピアン・サタイア)に分類できると思う。日本語では、『メニッポス的な風刺』という意味で、知的でありながらも、ユーモラスな政治的風刺作品となる。多種多彩な内容に、哲学的・政治的話題に関しコミカルな議論と、盛りだくさんな作風が特徴だ。メニッポスとは、古代ギリシャのキュニコス派(犬儒派)の哲学者で、彼自身の作品は残念ながら失われてしまったが、その系統は引き継がれ、有名どころではルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』、スウィフトの『ガリヴァー旅行記』等ある。

2015/06/09

KAZOO

こえは結構ダールの作品の中では有名な方ですね。私は英文でも読みましたし、映画でも見ました。ただ映画は若干異なっているところもありますが。子供たちよりも周り(おやなど)が悪いということでの懲らしめみたいな感じが結構あります。いつも思うのですがこの挿絵が結構いい味を出していますね。

2017/03/18

miyumiyu

小5・長女がおもしろくて一気読みだった!と言うので読んでみた。みんなの憧れのチョコレート工場。5人の子供しか見学できないという金のチケットが、貧しいチャーリーの手に!チケットが当たるワクワク感、次々に出てくる不思議なお菓子や道具、めくるめく場面展開に、大人も惹きつけられる。そして、人の言うことを聞かないワガママな子は罰を受けるという、ブラックユーモアたっぷり。登場人物の名前がまたおもしろくて、訳詞が上手い。ロアルド・ダールがジュニアに人気があるのも頷ける。

2015/09/02

ちはや@灯れ松明の火

古今東西おとぎ話のお約束、残り物には福があり正直者が最後に笑う下剋上。世界一のチョコレート工場への招待状は稀少なプラチナチケットか地獄への片道切符か、集いし四組の金持ち悪ガキ&モンペと一組の極貧孫&祖父。さて最後に幸運をつかむのは、なんて誰でもお見通し。おとぎ話にはもれなく教訓がついていて、この場合『悪ガキには鉄拳制裁を!』生意気な子供たち(と親)が味わうブラックなチョコレート地獄を、更生の期待を込めて生温かく見守っていてあげましょう。我らがチャーリーの拾得物横領罪は情状酌量余地ありってことで見逃して★

2011/02/14

感想・レビューをもっと見る