読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大陸をかけるエイラ―始原への旅だち 第4部 (上)

大陸をかけるエイラ―始原への旅だち 第4部 (上)

大陸をかけるエイラ―始原への旅だち 第4部 (上)

作家
ジーン・M・アウル
Jean M. Auel
百々 佑利子
出版社
評論社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784566021211
amazonで購入する

大陸をかけるエイラ―始原への旅だち 第4部 (上) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐志城 凛

再び旅に出たエイラとジョンダラー。誤解ですれ違いの冬を乗り越えた2人は甘いハネムーンのようだ。ところどころ、どう考えても児童書じゃない!と思う描写に、ちょっとお腹いっぱいにもなってきた頃、ついについにシャラムドイ族と再会。やっぱり面白くなってきました!エイラの薬師の技はいったいどれほどのものなのか。原始時代にどれほどの医術があったのだろうか。まったくの空想か史料があるのか、気になる。

2017/07/05

Naom

再読。

2013/04/13

ユエ

3部までは死ぬほど読んだけど、これは1回で十分だったなぁ・・・

ruka

ジョンダラーとゼランドニーへ旅することにしたエイラ。このシリーズから訳者が変わり、直接的な表現が増えてきた。ハーレクイーンロマンスになにやら納得。

2010/03/09

なぐららら

マムトイ族の夏の集会所から出発し、ジョンダラーの故郷までの道中① シャムドイ族の住まいに到着し、ロシャリオの骨折治療開始まで。 訳者が変わって口調に違和感あるけど、少しずつ慣れてきた。

2018/11/27

感想・レビューをもっと見る