読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

森 正洋の言葉。デザインの言葉。

森 正洋の言葉。デザインの言葉。

森 正洋の言葉。デザインの言葉。

作家
森 正洋を語り・伝える会
ナガオカケンメイ
出版社
美術出版社
発売日
2012-02-20
ISBN
9784568504859
amazonで購入する

森 正洋の言葉。デザインの言葉。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tukuru Setoro

この本で初めて、プロダクトデザインという言葉に出会いました。「デザインの勉強は後回しでいいから、新聞を読め。社会が今欲しているものは何かを知れ。」という言葉に衝撃を受けました。作り手の熱意を感じる1冊。

2015/01/20

tomatocomail

デザインって、生活そのもの。そう思う。『万機普益』で、やっていきたい。

2012/05/14

miolk

デザインするということに関して気をつけていてもふと忘れてしまうような、使う人を思う気持ち、真摯な態度、勉強すること、などに気づかせてもらえる。でもすぐに忘れてしまうから、毎日ぱらっと開いては、1ページだけ読むような、そんな使い方をしたい本。

2012/04/22

hiroshi

読んでてハッとする事や、考えさせられる言葉や気づきの多い本やった。ふっとまた読みたくなる本。

2012/03/21

mariko tachikawa

読んでいて、わくわくした。デザインを考えるとき、とことん人の生活のことを想像する。優れた人は、この想像力が違うのだと思う。 新宿のマルイの最上階の雑貨屋さんで、たまたま森正洋さんの特設コーナーがあっていて、きれいなひよこ色の『平型めし茶碗』・『G型しょうゆさし』と一緒に買った。ほかの二つと同じくら、本当に買ってよかったと思った。こんな風にモノが作れたらなんてすてきだろう!

2012/02/28

感想・レビューをもっと見る