読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店

D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店

D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店

作家
ナガオカケンメイ
出版社
美術出版社
発売日
2013-03-15
ISBN
9784568505221
amazonで購入する

D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

向坂

25歳を越えた頃から、徐々に良いものを大事に長く使っていこう、と買い物もよく吟味して、家に既に在るものも整理整頓処分して、としながら、今現在。20年以上も溜め込んだ彼是は、どうしたって膨大で、中々減らし切れては居ないけれど、仕事を始めて自由に使える金額が増えた頃以降に買ったものよりも、其れ以前に少ない金額から考え考え買っていたものの方が、取っておきたいものが多いな、等と。そんな今だからこそ、共感出来るロングライフデザインを推奨する「伝える店」というコンセプト。では在るが、やっぱ商売としては難しいだろうな。

2014/12/25

akihirok

ロングライフデザインをテーマに「つくり手の思いを伝えること」で本物を提供するお店。短命なブーム商品や衝動買いをあえて避ける姿勢は、一般的な小売とは一線を画す。顧客が本物を学べる場(コミュニティー)を提供する取組みは、「D&DEPARTMENT PROJECT」を通じて全国各地に拡大している。

2017/07/16

ゆり

ロングライフデザイン。その考え方今のものが溢れる時代だからこそ必要な考え方です。こういうものが買える大人になりたいです。

2014/05/06

Nesa

各地に店舗を持って、かつ、販売以外の業務も実施する。…大変です。長期生き続けるデザインを提供する。デザイナーとしてはある意味、矛盾した活動な気がしました。これに向かうのは相当勇敢ではないかしら…

2014/04/12

あつもり

衝動買いをやめさせたい、そのためにはイメージでものを売らない、衝動買いは長続きする関係ではない、という姿勢に共感しました。その他にも、わざわざ見にきてくれる人のための店にするためには、立地も不便な場所にするなど、「売る」という目的と「伝える」という目的との間の優先順位付けとその徹底振りに驚きました。

2014/02/15

感想・レビューをもっと見る