読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

みんなでやろうおおかみと七ひきのこやぎ (わたしのえほん)

みんなでやろうおおかみと七ひきのこやぎ (わたしのえほん)

みんなでやろうおおかみと七ひきのこやぎ (わたしのえほん)

作家
さくら ともこ
あきやまただし
出版社
PHP研究所
発売日
2002-03-01
ISBN
9784569683324
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

みんなでやろうおおかみと七ひきのこやぎ (わたしのえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぷーきん

3歳から読み聞かせで。園の発表会で、オオカミ役をする息子へ。この本の通りに劇をする訳ではありませんが、何となく雰囲気が伝わるかなぁと思い読みました。わかりやすい台詞なので、2、3歳のお子さんへの読み聞かせにもバッチリだと思います。

2015/10/09

絵具巻

保育園で借りました。

2015/03/05

ちょこちょこ

3歳10ヶ月の息子に読み聞かせ。

2017/11/22

うらパパ

演劇用絵本なのでオチがまろやか

2017/01/26

庵治

「みんなでやろう」は無関係で単にあきやまただしさんの絵だからとってきたらしい。すんなり最後まで読んだ4歳娘だが…昔同じ話を児童館で読み聞かせてもらって、オオカミに子ヤギが食べられるところで大泣き、離脱。その後遠くからオオカミのお腹に石詰められるところで、また泣き…したことを覚えているだろうか。

2012/04/05

感想・レビューをもっと見る