読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

死者は語らずとも (PHP文芸文庫)

作家
フィリップ・カー
柳沢 伸洋
出版社
PHP研究所
発売日
2016-09-10
ISBN
9784569765570
amazonで購入する

死者は語らずとも (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

この作者、初めて読んだが、グンターを主人公とするベルリン三部作に続いて出たシリーズ6作目だった。が、一作目から読み直すまでの魅力はないかな。エルロイのLAシリーズには匹敵しない。ノワールが十分でないのだろう。第一部の舞台はナチ台頭後のベルリンでも、ナチはBGMで、犯罪は別のところにあるのが意外性があっていい。どんな時代にも犯罪は起こる。後半の舞台のハバナは革命前。奇しくも数日前になくなったフィデル・カストロを思いながら読んだ。意外性が強いのはノワールを弱めるのだなと強く思った。もちろん、好みの問題だが。

2016/11/27

紅はこべ

前半はオリンピックを控えたベルリン、後半がキューバ革命を控えたハバナが舞台。カストロは獄中で、まだバティスタ政権が大手を振っているが。ヒトラー政権下のドイツのオリンピック準備、競技場建設が遅れているとか、何か今の東京みたいだ。アメリカが参加拒否を検討していたとは知らなかった。実現できていたら、モスクワボイコットより有意義だったかもしれないのに。ヴァイマール共和国支持者で社会民主主義者を自称する主人公だが、決して良心に恥じないとはいえない、それは時代のせいか、それとも。ラストの自己犠牲が胸を打つ。

2017/04/13

Shintaro

面白かった。今月のベストです。ベルリン三部作以来、久々に反骨の男、グンターに再会し狂喜しました。そしてその反ナチ・ジョークにも。舞台はベルリンオリンピック2年前に遡り、スタジアムなど公共工事の全盛期、うまい汁に群がる有象無象、中でもマックス・レルズとのエピソードです。そして第2部は戦後、バチスタ政権下のキューバです。スターウォーズ・ローグワンを観てからエピソード4を続けて観るような懐かしさ。一匹狼とは、人間の強さとは何かを背中で教えられるハードボイルド。島耕作との共通点もあります。探してみてください。

2017/01/28

のぶ

とても長いが、濃密で充実したハードボイルドでありミステリーだった。第一部の舞台はナチスが台頭し2年後にオリンピックの迫ったベルリン。戦争は描かず、ユダヤ排斥の不穏な情勢と、開催に向けた活気が独特の雰囲気を醸している。主人公グンタはアメリカから来た女性記者とスタジアム建設の不正を探っていく。第二部は一転して革命前のキューバ。このキューバの情景の描写が秀逸。何の関係なさそうな場所と時代を、フィリップ・カーは見事な筆力で結び付けていて面白い。めったに巡り会えないハードボイルドの名品。

2016/11/11

わたなべよしお

フィリップ・カー、もう巨匠ですね。今回はものすごい事が起きるわけではないのだけれど、引き込まれて離れられなくなる。ナチス時代のベルリンを舞台にした作品は最近でもギルバースの「ゲルマニア」やフォルカー・クッチャーのシリーズなどがある。これらの作品は「へぇー、そんな感じなんだ」と面白く読めるが、カーの本はまるで自分がその時代のその場所にいるような気がしてくる。フィリップ・カー、ずっと読んでいたい。

2016/09/24

感想・レビューをもっと見る