読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すべての神様の十月 (PHP文芸文庫)

すべての神様の十月 (PHP文芸文庫)

すべての神様の十月 (PHP文芸文庫)

作家
小路幸也
出版社
PHP研究所
発売日
2017-09-08
ISBN
9784569767567
amazonで購入する Kindle版を購入する

すべての神様の十月 (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

俺のそばにいてくれる神様はどなたかなと、ついつい考えてしまいますね。そんな八百万の神様の短編集。優しさ溢れ、心がすごく温まります。これまで読んだ小路幸也作品では、一番好きかも!そして、ぜひ続編が出てほしいと、強く思った久しぶりの作品ですね。神様もいろいろ大変だあ。いろいろ事情があるみたいだよ。でも神様同士は仲が良いんだね。そんなわけで、俺のそばにいる神様はどの神様なんだ!気になるわ~(笑)人にオススメできる作品ですよ。

2019/04/04

皐月

神様が登場する7つの話を収録した連作短編集。人生の大切なものを見失った人間の前に現れる神々たち。死神、福の神、厄病神、九十九神、道祖神、八咫烏、文庫限定の山の神様など多くの神様は人間界に混じって暮しながら、神様の仕事をしている。各話の神様が繋がっていて、八百万の神が当然のように知り合い同士というのも、世間って狭いなって感じます。短編の中でも「お釜の九十九神」のお話は泣けました。「神様」と聞くと、神聖な存在な感じなのですが、この本に登場する神様はとても身近に感じられます。この短編を読んで、

2021/09/15

machi☺︎︎゛

十月に読もうと思っていた一冊。八百万の神様と言っても、死神、貧乏神、疫病神、道祖神、九十九神、福の神、山の神など様々な神様がいてそれぞれの管轄がある 。人生の岐路に立ち大切なものを見失いそうになった人たちにそっと寄り添い進むべき道を示してくれる。そんな神様たちの連作短編集だった。

2020/10/13

シナモン

貧乏神、疫病神、福の神…人生にはいろんな神様が関わってるんだなぁ。「規則正しい生活をする。きちんとご飯を食べる」「笑う門には福来る」読後、ほっこりと良い気持ちに。九十九神の話が一番好きでした。

2021/10/18

katsubek

いろんな神様がいて。だから八百万の神。九十九神がいい。とぼけていて、とてもいい。いや、九十九神だけでなく、どの神様も、なんとなくとぼけていて、いいなあ!びしっとしているように見える神様も、どこか抜けていて。でも、「神様」は出てこない。それがミソかな。人間が好きになるお話であるとも言える。よし、もう一度、いつか読み直してみよう。

2019/09/19

感想・レビューをもっと見る