読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

しあわせを生む小さな種 今日のベリーグッド (PHP文庫)

しあわせを生む小さな種 今日のベリーグッド (PHP文庫)

しあわせを生む小さな種 今日のベリーグッド (PHP文庫)

作家
松浦弥太郎
出版社
PHP研究所
発売日
2017-11-02
ISBN
9784569767833
amazonで購入する

しあわせを生む小さな種 今日のベリーグッド (PHP文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かいてぃ〜

松浦弥太郎さんの文章は優しさも厳しさもあるのだけど、変な熱さは無いので、心地良い温度で居られる気がして好き。「種蒔き」は生きていく上で自分にとっても周囲にとっても大事とは思っているが、自分はどこまで意識して種蒔き出来ているのか?といえば…、全然まだまだ。それが出来ているであろう松浦さんは、どれだけ丁寧に日々生きているのだろう………。スピードや効率と同居できるのかが分からないけど、もう少し丁寧に生きることも必要かな?と思った。

2019/02/27

松浦弥太郎さんの文章はとても落ち着きます。今回も、優しく穏やかな気持ちになりつつも、気持ちがぴしっとしました。成功の反対は、失敗ではなく「何もしない」こと。若干、心を多めに使う。情報=経験。自分の体を使って、実際に見て、感じて、生の本物にふれる。覚えておきたいことが今回もたくさんでした。小川糸さんの解説にかえてのお手紙も素敵でした。

2018/10/17

ふくろう

以前読んだ弥太郎さんの作品よりもずいぶん考え方が柔らかくなられた印象。同じ人でも時と共に変わっていく物だ。小川さんの解説も素敵だった。

2017/12/28

Gaku

今、読み終わり、また元気と反省の機会をもらいました。 「全ては自分の蒔いた種」この言葉が響きました。ついつい自分以外のせいにしがちである事を再認識して、毎日を過ごしていきたいです。

2018/11/11

ごん

毎日周りに感謝するってできそうで意外にやってない。続けるって大切なんだなあ。 一番恥ずかしいのは何もしないで応援しようもない人になってしまうこと。危ない危ない。 こまめに手を洗う、も実践してみよう

2018/10/17

感想・レビューをもっと見る