読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロング・ロング・ホリディ (PHP文芸文庫)

ロング・ロング・ホリディ (PHP文芸文庫)

ロング・ロング・ホリディ (PHP文芸文庫)

作家
小路幸也
出版社
PHP研究所
発売日
2018-07-09
ISBN
9784569768441
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロング・ロング・ホリディ (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

平和に思えた人間関係の綻びが垣間見えたとき、コウヘイたちがとった行動とは?未来に焦り、それでも前に進もうともがく若者たちを描いた傑作青春小説。

2018/07/16

あつひめ

私より少しお兄さんお姉さんの青春時代。言動が大人っぽく大学生ということを忘れてしまいそうな落ち着きのある若者たち。日々、みんなががむしゃらに前進していた時代。バイトや恋に忙しく、でも心に小さい荷物を抱えて生きてる感じが大人だなぁ。1981年頃は、まさかネットや電話がこんなに進化する思わなかった。人と会う、繋がることが人の心を柔らかく、そして優しくしてくれるなんて当たり前だと思ってた。仲間のありがたさとか。時間を切り取ったような現代の関係とは違う熱く太い絆があった時代をバーチャル体験させてもらった気がする。

2020/04/13

Δ

1981年かぁ。あの頃って今から比べると不便だったけど、面白かったのかもしれないなぁ。スマホもSNSもインターネットもメールも無い時代。何をやるにしても自分自身が頑張って動かなきゃいけない。何か調べるにしてもキーボードをカシャカシャ、ポン!あーあったあった。そんなわけにはいかなかった。本屋で関連本を調べたり(お金がないから立ち読みで)詳しそうな友達探したり。伝えたいことは直接言うか、家電話や公衆電話で話すか、手紙を書くか…。待ち合わせだって遅れても連絡取れないから1時間も待ちぼうけ…。いい時代だったなぁ。

2020/02/27

佳蓮★道央民 胃腸炎で寝込み中🤒

★★★☆☆うーん?まぁまぁ、面白かったです!そんなに続きが読みたい‼️とはならなかった。普通に面白かったです!札幌が舞台の話だったから、自分も札幌に住んでるので舞台がイメージしやすかったです!昔の話に見えたけど、なんかDって言う喫茶店本当にありそうですね( *´艸`)私は、この男の人達の誰に共感したかと言うと、幸平かな!私もアナーキーだからな(笑)だけど、タイプだったら、ナオキくんがめっちゃカッコいい✨だけど、進藤ちゃんの話聞いてたら切なくなっちゃったね(^o^;)

2018/09/26

らび

80年代の札幌。学生バイトが集まる喫茶店での人間模様というのかな?確かにノスタルジーを感じますが従業員と経営者、常連さんや友人・・けっこう狭い社会なのに重い関係が沢山。でもなんか修羅場とは程遠くそこはちゃんといい人たちがそれぞれの役割で丸く収める。こういうストーリー嫌いじゃないです。ロングロングホリディとは社会に出る前の準備期間なのでしょうか?

2018/12/10

感想・レビューをもっと見る