読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鯖猫長屋ふしぎ草紙(六) (PHP文芸文庫)

鯖猫長屋ふしぎ草紙(六) (PHP文芸文庫)

鯖猫長屋ふしぎ草紙(六) (PHP文芸文庫)

作家
田牧大和
出版社
PHP研究所
発売日
2019-03-10
ISBN
9784569768823
amazonで購入する

鯖猫長屋ふしぎ草紙(六) (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らび

今回もまた楽しかったです。成田屋の旦那の平八に寄せる信頼がかっこいいです!おはまちゃんがあざみから吹き込まれたことが気になって仕方ない拾楽ですがまた現れた以吉の望みも解決しなければならない。サバがプイッと礒兵衛の所へ居候を決め込んでから激しくなる家鳴りに怯える長屋の住人、髷切りの犯人捜しやら犬と子供さがしやら拾楽とサバは大忙し・・。結局以吉の件は解決してないようですが次に持越しかな?しかしサバってほんとに何者・・。いや何猫。

2019/03/17

りんりん

掛井の旦那が窮地に立たされ、一人で頑張ろうとする。それにしても、サバがどんどん神がかっていくような・・・。次巻あたりで、そろそろかな。

2019/03/17

もか

サバの超人(猫)っぷりがパワーアップ、本当にただの猫?手下を庇い、恩に報いる掛井の男気やおはまちゃんとのもどかしさ。拾楽が自ら解決に関わり始め、何か変わり始める予感(F)

2019/03/16

くりっちぃ☆

鯖猫のサバの神通力に拍車がかかった6巻目。 窮地に立たされた成田屋の旦那の為に、相棒のように働く捨楽が頼もしく、また活躍ぶりが面白い。 前巻に投げ込まれた石のお陰で細波の起きた捨楽とおはまちゃんの仲に、少しだけ形ある何かが生まれた結末。成田屋の旦那ではないが、ニヤリとしてしまう。 巻末には珍しく、作者様あとがき代わりのサバのあとがき付き。

2019/03/10

火烏

鯖がはではで。以の字、何が言いたいんだ。お師匠と弟子、そうかあ。そこはおもしろいな

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る