読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鯖猫長屋ふしぎ草紙(七) (PHP文芸文庫)

鯖猫長屋ふしぎ草紙(七) (PHP文芸文庫)

鯖猫長屋ふしぎ草紙(七) (PHP文芸文庫)

作家
田牧大和
出版社
PHP研究所
発売日
2019-09-07
ISBN
9784569769608
amazonで購入する

鯖猫長屋ふしぎ草紙(七) (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

初美マリン

だんだん妖の方へと話が流れていったが、猫のサバの賢さは、健在、今回はおてるさん夫婦がいいなあ!

2019/09/23

ぶち

今回のテーマは"健気"だと思います。戯作者・豊山に憑いている幽霊・山吹の自分の命(幽霊なのに...)を削ってでも好きな人を守ろうとする健気、飼い主を慕う犬の健気。妖ファンタジーなのに、うるっときちゃいました。そして、あの剛毅な女房・おてるの過去と想いを知って、これも涙でした。亭主・与六のおてるへの愛の在り方にも胸が熱くなりました。 作中に登場した豊山の作品『妖長屋春秋』は、鯖猫長屋の店子たちをモデルにした妖怪たちが悪い者を懲らしめるお話し。これは、ぜひとも鯖猫長屋外伝として出版して欲しいです。

2020/09/11

SJW

以前、鯖猫長屋に居た人気の戯作者 豊山が再び長屋に戻ってきた。それと同時に長屋の店子たちに不思議な事件が降りかかる。泣いた鬼と喋る犬の話が良かった。

2020/04/04

タイ子

シリーズ第7弾。この作品も物語を重ねるごとにあやかしの雰囲気が増してくるような。ま、大将のサバがサバだからそうなりますか。長屋に再度越してきた戯作者が元でひと騒動の今作。与六の隠し子現る?!いつも豪気な妻おてるの過去と夫婦愛にほっこり。版元と戯作者の関係が現在の編集元と作家と思えば怖い話もあったりで、サバのクールさと優しさが今回もほろりとさせる。掛井の旦那とサバのちぐはぐな心の会話が好きだな。ウルっとさせるラストのニクい演出。

2019/09/24

泣けて心温まり、ドキドキも感じさせてくれるファンタジー風味の人情物語。今回も最高に面白かった。また読もう

2019/11/12

感想・レビューをもっと見る