読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
畠中恵
坂井 希久子
青木祐子
中島 久枝
梶よう子
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2020-01-11
ISBN
9784569769899
amazonで購入する

まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

6人の女性作家による食にまつわる6つの短編集。どれも何かのシリーズからの作品なので読んだこともあり未読もありで面白い。以前から興味あった梶よう子さんの「御薬園同心 水上草介」の作品が良かったのでこれから読んでみたい。宮部みゆきさんはやはりいいですね。捕物帖からの一編だが、以前読んだのを忘れていて思い出させてくれた。今どきの謎解き方法を時代小説の中で絡ませてくる面白さ。絶品、満足、まんぷく!

2020/04/16

ゆみねこ

女性作家さんによる料理がテーマの時代小説アンソロジー。「餡子は甘いか」畠中恵・「鮎売り」坂井希久子・「料理茶屋の女」青木祐子・「桜餅は芝居小屋で」中島久枝・「清正の人参」梶よう子・「お勢殺し」宮部みゆき。青木さん、中島さんは初読み。宮部さんは既読、どの作品も良かったです。贅沢な1冊。

2020/03/23

あっか

新刊。女流作家による、料理がテーマの時代小説短編集。初っ端、読み続けているしゃばけシリーズのお話だったので入りやすかったです♪(既読の筈なのに忘れていた栄吉の話…笑)宮部みゆき氏と青木祐子氏のシリーズは1冊まるまる読んでみたくなった!やっぱりミステリが好きなのかな…鮎売りが面白かったです。餡子と桜餅とすいとんが食べたくなりました^^

2020/03/01

紫 綺

まんぷく…とまではいかないが、江戸の食べ物に絡む短編6作のアンソロジー。私の好みは「桜餅は芝居小屋で」。小萩のふくよかな優しさがいい♪

2020/08/12

ぽろん

料理がキーワードの時代物アンソロジー。畠中さん、坂井さん、宮部さんは既読。あの経費シリーズの青木さんが時代物を書かれていたとは知らなかったので新鮮でした。鮎の塩焼き、桜餅、いなり寿司等々、まんぷくならぬ、お腹が減りました!どれも面白かったです。

2020/04/03

感想・レビューをもっと見る