読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

壁を乗り越える論語塾 (YA心の友だちシリーズ)

壁を乗り越える論語塾 (YA心の友だちシリーズ)

壁を乗り越える論語塾 (YA心の友だちシリーズ)

作家
安岡定子
出版社
PHP研究所
発売日
2018-11-20
ISBN
9784569788234
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

中高生時代には、進路や部活をはじめ、さまざまなことで壁に直面します。中国の思想家・孔子の言行や弟子たちとのやりとりなどを記録した書物である『論語』には、そうした時に頼りになる考え方が満載です。本書は、壁に直面した時に役立つ『論語』の章句を、中高生向けにやさしく紐解くものです。第1章「日本人に愛され続ける論語」は序章・総論。聖徳太子の「和を以って貴しと為す」が論語に出てくる言葉であることや、ノーベル賞受賞者の大村智先生が『論語』に出てくる「恕」という言葉を大切にしていらっしゃることなどが書かれています。第2章以降は、壁を乗り越えるための指針となる60の章句を取り上げ、その章句の意味をエピソードを交えながらやさしく紹介しています。「君子は上達し、小人は下達す。」「徳は孤ならず、必ず隣有り。」「過ちて改めざる、是れを過ちと謂う。」など、折に触れて使いたい章句が目白押しです。

壁を乗り越える論語塾 (YA心の友だちシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とくま

△論語に初めて触れるのがこの本だったら好きになれそう。 「徳不孤、必有隣。」

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る