読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【Amazon.co.jp 限定】わたしのわごむはわたさない (特典: オリジナルスマホ壁紙 クリスマスver.データ配信)

【Amazon.co.jp 限定】わたしのわごむはわたさない (特典: オリジナルスマホ壁紙 クリスマスver.データ配信)

【Amazon.co.jp 限定】わたしのわごむはわたさない (特典: オリジナルスマホ壁紙 クリスマスver.データ配信)

作家
ヨシタケシンスケ
出版社
PHP研究所
発売日
2019-11-09
ISBN
9784569789002
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

【Amazon.co.jp 限定】わたしのわごむはわたさない (特典: オリジナルスマホ壁紙 クリスマスver.データ配信) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ヨシタケシンスケは、新作をコンスタントに読んでいる絵本作家です。本日発売の最新作を読みました。面白かったですが、オチが予想通りでした。子供とは言え、流石に輪ゴムを過大評価し過ぎだと思うのですが・・・

2019/11/09

ウッディ

絵本でありながら、大人が読んでも面白いというか含蓄のあるヨシタケさんの本。自分のものになった輪ゴムから広がっていく想像と妄想、おさがりや共有物ではなく、自分だけのものになった嬉しさが溢れていて、微笑ましい。ガラクタであっても、自分にとっては宝物、そんなものが昔はあったなぁ~。物を大切にする心は忘れないようにしないと・・と思っていたところ、輪ゴムが切れちゃった時の何とも言えない表情が面白く、またすぐにクリップに乗り換える切り替えの早さも子供らしい。大人の自分も見習わないといけないことが沢山つまった本でした。

2020/05/20

zero1

どうして子どもは変な【宝物】を大切にするのか?そしてすぐに忘れてしまうのか?輪ゴムから広がるヨシタケらしい妄想の世界。恋人を見つけるのに役立つあたりは、いかにも女の子らしい。でも、大人だって死ぬまで宝物を探してないか?読書人の場合、輪ゴムが本に変わっただけ。だからこの女の子のことを笑ってばかりいられないはず。逆に子どもの頃のワクワク、ドキドキを忘れずにいたい。ヨシタケ作品は大人が読んで深い考察を求められる。だから多くの人に支持される。兄はもれたろう、母はリアリスト(笑)。

2020/04/02

輪ゴムひとつでこれだけ出来ることが思いつくなんて想像力豊かだなあ。子供にとっては何だって宝物になるのですね。

2020/04/12

旅するランナー

やっぱりみんなじぶんだけのたからものがほしいのね。輪ゴムのようにビヨーンと伸びる発想、広がる夢想、微笑ましい空想。近藤麻理恵さんや断捨離やミニマリストに反旗を翻したくなる、人生がときめくガラクタの魔法にかけられるような絵本です。

2019/12/17

感想・レビューをもっと見る