読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

らん

らん

らん

作家
秦建日子
出版社
PHP研究所
発売日
2011-04-29
ISBN
9784569795720
amazonで購入する

らん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sk4

最後に「おわり」と書いてあって、あ、舞台っぽいw と思ってしまった。 生きるか死ぬか、正太郎、お綾、らん、イタチ、全てが切ない。 人って怖い。「みんなのために」なんて言葉の後に続くのは、大抵の場合「目をつぶってくれ」「頼まれてくれ」「死んでくれ」みんなの汚物を一人に飲ませる呪いのスペル。 今回もオBBAの予言通りに正太郎は遂行したのに結果は人が死んだだけで何も変わらなかった。 このロジックを持ち出した時点で、その組織には死亡フラグが立つという黄金律w

2013/04/09

まつじん

二時間ドラマ・・・じゃないや時代劇風の切なく悲しい物語なんですが、なぜ???と思ってしまう気持ちのほうが強いのです。

2011/05/23

うさっち

年貢と飢饉に苦しむ村人達と、毒に侵された「赤谷」で育った少女らんの物語。民のことを考えず年貢を増やす大殿、自分たちのことしか考えない村人達が酷すぎて救いがない…。赤い毒水にまみれた人でなしと呼ばれる「赤谷」の人々の方が嘘をつかないだけましだったと思う。薄い本なのですぐ読んでしまった。

2014/10/01

Nak34

あっという間に、読了。切ないね。大人の皆さん、約束は、守りましょうよ。まず、復興ですよね。共に、乗り越えましょうよ。

2011/06/04

くり

薄いし会話の多い本なので1時間ぐらいで読めました。とにかく一の村の男達の自分勝手さに毎回イラッとする。はっきりしないお綾も好きになれない。対象的ならんのがまだいいな。

2015/09/24

感想・レビューをもっと見る