読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

作家
K・Kajunsky
ichida
出版社
PHP研究所
発売日
2011-06-27
ISBN
9784569797755
amazonで購入する Kindle版を購入する

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の関連記事

これが結婚生活の現実だ! 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』著者に学ぶ

Yahoo!知恵袋が生んだ名作、変わった妻と冷静な夫の結婚生活に学ぶべきところとは?  かつて、「朝井さん(=筆者)って結婚しても続かなそー!(キャハハハ)」と知人に無邪気にヒドイことを言い放たれたことがある。曰く、頑固、こだわりが強い、言い負かす癖、いかにも結婚向きでない特徴が揃っていて、たとえ結婚できたとしてもうまくいかなくなりそうだ、と。おっしゃる通り、そういうきらいがあるのは否定できないため、ぐうの音も出なかったのだった。

 このままではいけない。今のうちから夫婦円満のお手本となりそうなものに触れ、結婚後の生活に備えなければ(そもそも結婚できるかは置いておいて)。そこで、あやかりたい作品が『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(PHP研究所)。2010年に、Yahoo!知恵袋への同タイトルの投稿が話題を呼び、それを見たボカロPがニコニコ動画にてオリジナル動画を制作、翌年にはコミックエッセイ化された。そして今度は、コミックエッセイの第二弾が発売されたのである。(以下で1巻、2巻を試し読みできます)   1巻はマンガのほかに、コラム…

2012/12/1

全文を読む

関連記事をもっと見る

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Miyoshi Hirotaka

言葉は神で神は愛。どちらも聖書の言葉だが、言葉は愛にならないのが人間世界。デジタル化された言葉が大量発信されるようになり、優しい言葉は人を傷つける。不採用を告げる「お祈りメール」は冷酷の極み。一方、言葉は文字だけではない。家具の配置、キッチン用具の収納、愛読書に残るメモ書きなど、思いを伝えるものは全てメッセージ。それを読み取るか取らないかは、受ける側の能力と感性。意味や理由を教えてもらうと最も大事なことをが抜け落ちてしまう。自分で気付く試練が必要。そして、気が付いた事はもう隠せない。それが、愛と幸福の姿。

2018/07/01

mariya926

いやー。奥さんのキャラが凄いですね。変わっているとも言えますが。というか、旦那さんのためにここまでできるなんてすごいです。私だったらその時間に読書したいなと思いつつ読みました(笑)旦那さん側が奥さんについてどう考えているのかと思って読んでみましたが、この旦那さんは結構あっさりしていますね。でも奥さんに内緒でブログまでして、かなりプライベートがダダ漏れな気がしますが。もう少し反応してあげればいいのにと思いますが。まだ2冊あるので読んでみます。久々の漫画は読みやすくていいですね。

2018/12/16

美紀ちゃん

タイトルがたいへんおもしろく、とても気になる本。中学生にも人気。①も②も楽しく読んだ。歌もあるなんて!!耳に残る歌だった。

2012/11/14

紫 綺

タイトルに惹かれ、面白そうなエッセイ本だと思い込んでいた。ところが、変な妻にまつわるコミックエッセイだった。思わず「へ~んだっ!!」と口走ってしまうぞ。でも何だか楽しそうなので、幸せなんだろうな。

2011/12/11

パフちゃん@かのん変更

超エキセントリックな妻。夫婦で敬語で会話しているのもほほえましい。お小遣いを要求されたら酔っぱらった振りでかわされる(笑)で、プロポーズのいきさつがハンカチを借りて「ハンカチありがとう」というつもりで「結婚してください」と言った(笑)取り消しはしなかったのだからまあいいのか。この二人の将来が予測不能。

2014/01/31

感想・レビューをもっと見る