読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

社長復活

社長復活

社長復活

作家
板倉雄一郎
出版社
PHP研究所
発売日
2013-01-25
ISBN
9784569809236
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

会社2.0と一緒に、あの男が帰ってきた!1997年、「ハイパーネット」倒産から15年――「ボイスリンク」を開発した社長・板倉雄一郎が、新しいビジネスモデル、そしてネットの未来を語り尽くす1冊。【目次】プロローグ 震災――鬱からの脱却第1章   社長失格――その後第2章   会社2.0――新しい起業の形第3章   仲間――すごい才能が集結した第4章   挑戦――声に特化したSNS第5章   進化形――ネットの近未来像エピローグ 自信――次代を担う人たちへ一度、「社長失格」の烙印を自ら押した著者が、なぜ、再び「社長」となったのか?何もやる気がおきない極度の鬱状態から脱出できたのはなぜか?その答えは、2011年3月11日に起きた東日本大震災に対する著者の思い、そして本書に収録した「14年振りの本業復帰」というエッセーの中にある。

社長復活 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

baboocon@新潮文庫の100冊チャレンジ

15年前にベンチャー企業「ハイパーネット」を倒産させた板倉雄一郎氏が、再び新規事業を立ち上げるまでの話。倒産後に書いた「社長失格」が売れ、講演や企業価値評価のセミナーで稼いだ話は知っていたが、2010年頃に鬱になっていたのは知らなかった。それが東日本大震災を機に立ち直り、死ぬまでにやりたいことをやりきろうと「ボイスリンク」立ち上げを決意する。声に特化したSNSの構想やそれを実現する「シナジードライブ」の"会社2.0"という仕組みはいかにも板倉さんらしいなと。彼が「社長合格」と呼ばれることを期待しています。

2013/02/07

y.miyazaki

普通じゃできない経験をしてるし、それができる才能もあるんだろうなぁと思いつつも著者から学びたいとは思えませんでした。 でも一つだけ、「湧き出るアイデアにレバレッジを効かせる=起業する」これはその通りだと思います。

2013/04/29

アーク

「社長失格」は夢破れた痛切な心の響きが突き刺さる本だったが、今作は復活の狼煙の勢いを感じる内容になっている。著書にもあったけれど、次回作がどんな内容になるかが現在進行形になっているのが興味深いな。応援してます。

2013/02/05

芸術家くーまん843

インターネット広告システムベンチャー「ハイパーネット」を起こし、絵に描いたようなサクセスストーリーを体現するも、97年、負債総額37億円で倒産、その後『社長失格』でベストセラーを出した著者が、『社長復活』への軌跡をつづった一冊。※参考:『社長失格』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822241300/businessbookm-22/ref=nosim元ワイキューブ社長の安田佳生氏しかり、この板倉雄一郎氏しかり、何かを始めても止めても注目される人物というの

2013/02/08

hhoriuchi

本屋さんで夢中になって立ち読みで読み切ってしまいました。自社のビジネスの紹介がメインですが、板倉さんの事業に対する思いが溢れていて、今後を期待させてくれる内容でした。私もシナジードライブのサービスを試してみます。

2013/01/26

感想・レビューをもっと見る