読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書)

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す  これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書)

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書)

作家
津田大介
出版社
PHP研究所
発売日
2014-01-18
ISBN
9784569816739
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

テレビ、ラジオ、ネット放送、ツイッター――文字どおり「7つの海」を股にかける津田大介が、ソーシャルメディアを中心に、私たちをとりまくメディア環境の現実と未来、それぞれの上手な活用法と連携術、そして、情報の海に溺れることなく、メディアを使いこなすリテラシーを高めるための独自の発想や方法論について、あますところなく解説する。情報メンテに役立つ<最強の羅針盤>。

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ワダマコト

メディアアクティビスト津田大介さんのQ&Aコーナーがひとまとまりに。Twitterのフォロワーの増やし方や情報の受け手として成長するために必要なこと、就活へのメンションや「やりたいことを見つけるには」といった内容まで、すべて丁寧な回答で網羅している。印象的だったのは、「成熟した情報の受け手となるために」のところ。情報を選ぶには自分のなかに軸が必要で、そしてそれは本屋で作られる、という回答が刺さる。まさにその通りだと思ったわけです。本屋で手に取った本をチラ見で買うか、買わないかの判断を誰もがしている(続く)

2014/02/04

ずっと俺のターン

何を探しているのかを知らなければ見つからない。探しているものと探しているものの価値をきちんと把握するほうがいい。

2014/02/02

犬こ

SNS関連の番組となると、たまにテレビで見かける津田さんですが、何の職業なのかよくわからなかったけれどジャーナリストの顔があったんですね。ネット社会の情報分別方法などなど、Q&A形式の構成で文章が読みやすく、分かりやすかったです。著者のイメージがテレビと本では、随分、異なりました。

2016/01/26

ゆうじ

津田の著作は、まとまった知を提供するものではない。けれども、必要な最低限の知識を与えてくれる。解説に島田が没個性を指摘しているが、そのスタンスが、知識を歪みなく提供してくれるのだ。

2015/10/22

梟木(きょうぼく)

多分に自己啓発的な読み方をしてしまったものの、新書としては軽すぎず重すぎずの良書。とりわけ今後フリーや編集の立場で食べていく(ことを考えている)人にとっては、見逃せない論点が幾つも詰まっている。一問一答の形式で書かれているので、タイトルで気になった人はまずは目次だけでも見て自分の関心領域と重なる部分がないかチェックをおすすめしたい。マスメディアを一概に否定せず、ネット情報の真偽を判断するのも結局は日々の読書の力なのだ、と言い切るところに「情報ジャーナリスト」としての著者の誠実さを感じた。

2014/03/12

感想・レビューをもっと見る