読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

2035年の世界

2035年の世界

2035年の世界

作家
高城剛
出版社
PHP研究所
発売日
2014-10-23
ISBN
9784569819501
amazonで購入する Kindle版を購入する

2035年の世界 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

表題にあるように2035年の世界を、身体科学・科学・移動・スタイル・リスク・政治・経済・環境の8つの分野に分け、100項目語る未来予測本。1つ1つの項目は短いため、全部を通して読まず、気になるトピックだけ読むのもあり。多岐に渡り予測を立てている著者の知識には脱帽。全ての予測が当たるとは思わないが、大きな視野を持っておくのが大事なのだなと感じる。伊達に世界を飛び回って仕事はしていない。数年置きに未来予測本を出してるようなので、出版された暁には読んでみたいと思った。次はどんな未来が考えられるのだろうか。

2021/01/30

あちゃくん

八年前に書かれた本です。2035年の世界がどうなってるか、もちろんこの本に書かれてる方向に進んでいるなと感じられるものあれば、2035年までには実現できないと感じられたものもありましたが、どんな世界が実現するのか楽しみにしながらサバイブしてきたいと思います。

2022/05/11

赤星琢哉

自分の頭で考え行動し勉強を怠らず、自ら未来の変化に対応していかなければならない。単純な仕事はほとんど機械に取られると言われるし、そうなると思っていますが、それは人間が人間らしいクリエイティブなことに時間を費やせる時代になるということなのでとてもウェルカムです。

2015/01/05

ひよ亭

読んでいて希望より絶望を感じた DNA・AIどれをとっても夢があるようで諸刃の剣のような気がする。もちろん後半書かれている 今進めている事柄が無駄になることもあり得る。まあこの先 明るい未来は見えないけれど、知識として吸収できたことで どんなことが起こってもある程度の免疫が作れたかもしれない。

2021/05/05

阿呆った(旧・ことうら)

沢尻エリカの元夫の著作。ハイパーメディアクリエイター(笑)と思いながら読んでいたけれど、日経産業新聞にも同じような内容が掲載されているのを、時々見かけたことがあるので、あながち荒唐無稽と笑い飛ばせない。大まかな流れとしては彼の言っている風になるのだろうという感じ。

2015/10/10

感想・レビューをもっと見る