読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

一生お金に困らない生き方

一生お金に困らない生き方

一生お金に困らない生き方

作家
心屋仁之助
出版社
PHP研究所
発売日
2015-03-17
ISBN
9784569822617
amazonで購入する Kindle版を購入する

一生お金に困らない生き方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

装丁は簡単でかわいらしいし、とくに難しい言葉を使っているわけではないんだけれど、しっかり内容を理解しようととするとけっこう難しい。単純にハウツーの部分を説明すれば、「お金を貯めようとするのではなく、お金を気にせずに使っちゃいなさい」「自己肯定感を高めなさい」ということなんだけど、なぜそうしたほうがいいのか、という思想の根本的な部分が、それこそ「お金の呪縛」に縛られているとなかなか理解が難しい。本書の内容を信じるか信じないかは、あなた次第。

2019/09/23

H29リオのカーニバル

”お金がない”という前提で生きるのと”お金がある”前提で生きるのでは結果が全く違ってくるということが分かった。豊かになれない心の在り方を根っこから見つめなおすことができた気がする。

2015/10/11

もりやまたけよし

お金は天下の回り物ということなんですね。貧しいのは、ためようとする心があるからということは目からうろこでした。お金を回そうとするところにお金が集まるという原則。肝に銘じます。

2017/07/23

パフちゃん@かのん変更

言いたいことはわかるような気もするけれど、心屋さんみたいな仕事の人や個人事業主には当てはまるかもしれないが、ただの勤め人にはそんなにうまく収入が増えるわけもない。まず、「お金基準」ではなく好きか嫌いかで買う、というのはやってみよう。

2017/02/18

雪風のねこ@(=´ω`=)

表題に誤りはないし金の執着心をなくすという意見には同意だけれども、正解は半分だなぁ。いくら金を使って企業の売り上げを上げてもね。企業資産に蓄えるだけだったり、今回の様に租税回避されたり、還元に至る保証がない。タンス預金を通貨として市場に流通させるという意義はあろうが、それ以上の答えは書かれていない。

2016/05/10

感想・レビューをもっと見る