読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

脳に効く! 大人のパズル&クイズ

脳に効く! 大人のパズル&クイズ

脳に効く! 大人のパズル&クイズ

作家
多湖輝
岩波 邦明
小野寺 紳
出版社
PHP研究所
発売日
2015-09-11
ISBN
9784569826561
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

脳は使えば使うほど、鍛えられる! 本書を読めば、ひらめき力、騙されない力、ユーモア、表現力など、さまざまな考える力が刺激されること間違いなし。ここに木製の箱がある。この箱の中に「あるもの」が多ければ多いほど、箱の重量が軽くなるのだが、「あるもの」とはいったい何だろうか? 囲碁を趣味とするA君とB君。今日も1日楽しんだらしく、2人に戦績を聞くと、7回勝負をして、2人とも引き分けなしで、同じ回数だけ勝ったとご機嫌である。どうしてこんなことが起こるのだろうか? みんながしきりにある人の話をしており、その人はすぐ近くにいる。ところが、話題の中心になっている当人は、絶対に話に加わらない。悪口を言っているわけではなく、むしろほめていることが多いのだが、これはどうしたことだろうか? など、解けたら快感! 解けなくても楽しい! 気軽に考える力を磨くことができる大人のためのパズル&クイズ満載!

脳に効く! 大人のパズル&クイズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hk

…「理外の理」「コペルニクス的転換」「コロンブスの卵」…インスピレーションを鍛えるためにおあつらえ向きの一冊。「解けたら快感!解けなくとも楽しい!」と表紙にあるが、看板に偽りはない。おおむね8割は模範解答にたどり着けなかったが存分に楽しめた。わからなかったらあっさりとページを捲った方が良いかもしれない。というのも論理的思考力で解決できる問いはほぼ皆無であり、閃けるかどうかで決まる問題ばかりだからだ。それにつけても最大のクイズは「300ページ超のソフトカバー単行本で648円」という価格設定だ。何故だろう?

2018/10/26

カナ

多胡輝先生の「頭の体操」シリーズが好きなダンナ様のために購入しましたが、夫婦で問題を出し合ったりして楽しめました。ただし本家「頭の体操」よりは若干生ぬるい感じは否めません。

2017/02/23

おもしろい章とつまらない章との差が激しい

2016/02/29

ナイタロー

頭の体操シリーズっぽい問題を中心に、ナゾナゾや駄洒落っぽい問題を取り入れて1冊に仕上げたような作品。 決して悪くはないのですが、この手の本を多く読んでしまった自分には、少し物足りなかった感じです。 ただ、多湖輝先生のご健在を確認できただけでも、買う価値はありました。

2016/01/19

AQL

はじめの方を立ち読みして「冷たいやつ」「IXを6に」「店長を呼べ」あたりにクスッとしたので最後まで読んだら、なんとびっくり、それで打ち止めだった。後半は「バンジー急須」「蚊注射」「関東は(E)関西は(A)」といった脱力もののダジャレが続く。これはタゴ先生が衰えなすったのか、共著者の人選が悪かったのか…

2017/06/26

感想・レビューをもっと見る