読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ビジネス教養としての宗教学

ビジネス教養としての宗教学

ビジネス教養としての宗教学

作家
白取春彦
出版社
PHP研究所
発売日
2015-08-22
ISBN
9784569826905
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

2006年刊のPHP文庫『世界四大宗教の経済学』をリニューアル! ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教という世界の四大宗教が、お金というものをどのようにとらえ、我々の経済とどう関わっているのかをわかりやすく解説した本。いまビジネスのグローバル化にともない、宗教が注目されている。しかし多くの日本人は、宗教オンチと揶揄されるくらい世界の宗教について疎い。家に仏壇を置き、盆には墓参りに行くのに、仏典の一つも満足に知らない。そんな日本人のために、まずは四大宗教の成り立ちから始め、それぞれの宗教の核心部分を興味深いエピソードで解説する。たとえば、「なぜユダヤ人は高利貸しのイメージがついたのか」「キリスト教の賃金の考え方」「イスラム教の高利貸し禁止と無利子銀行」「仏教における商業活動の禁止」などなど。宗教がわかると経済の裏側が見えてくる。日頃のモヤモヤした疑問もすっきり晴れるわかりやすい解説書。

ビジネス教養としての宗教学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

おもしろいことはおもしろいが、著者はユダヤ教徒に肩を持ちすぎではなかろうか? ユダヤ教が誤解されがちな宗教であることはよくわかるが、それにしても、ちょっと言及しすぎだ。逆にイスラム教の記述部分には悪意が感じられる。ともあれ、淡々と事実を述べるだけの内容よりも、このように著者の意向が文章の随所に見られるほうが読み物としては楽しい。読んでいて思ったのは、そもそもこの世の中に「仏教徒」というものは果たして存在しているのだろうか? ということだった。

2015/10/20

Hiroyuki Miyazawa

宗教をお金の側面からみると確かに違いがある。

2015/09/07

感想・レビューをもっと見る