読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書)

作家
野口健
出版社
PHP研究所
発売日
2017-04-14
ISBN
9784569835822
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

えっ、日本の避難所は、ソマリア以下!? 東日本大震災の際には寝袋支援などを行ない、2015年には「野口健ヒマラヤ大震災基金」を立ち上げ、2016年の熊本地震では「テント村」の開設に取り組んだ著者。災害支援に取り組む中で知ったのは「日本の避難所は、ソマリア難民キャンプにも劣る」という現実だった……。じつは難民キャンプなど人道支援で、居住空間やトイレの数など「最低限これらの条件は守らなくてはいけない」スフィア基準という国際基準が定められているのだが、残念ながら、日本の避難所はその基準を満たせないことが多いのだ。避難生活で命を落とす人も続出する状況を、どうするか。そして、大切な生命を守るために何が必要で、日頃からいかに備えるか。著者のこれまでの支援活動で得られた教訓、被災者や避難所の現実、そして人と人のふれあいがもたらす感動の物語などを、笑いあり涙ありの豊富なエピソードとともに紹介。「生きのびる」ために、日本人として知っておきたい真実と必須情報を伝える必読の書。 【目次より】●第一章 東日本大震災で知ったこと ●第二章 ネパール大地震で体験したこと ●第三章 熊本地震「益城町テント村」はいかにしてできたのか ●第四章 日本の避難所はなぜ「ソマリア以下」なのか ●第五章 日本一笑顔の多い避難所をめざして ●第六章 避難所に「テント村」という選択肢を ●第七章 生きのびる力をつけよう

震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (PHP新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けぴ

熊本地震でテント村を岡山県総社市と共同で運営した野口健さんの本。ソマリア以下と言われる日本の避難所。ヒマラヤ登山の経験を生かし、いかに快適に過ごせるか腐心する。頭で分かるだけでなく、実際にテントを建てたり、簡易トイレを使用したりすることを経験しておくことが、いざという時、大事と。以前テントを建てたことがあるが確かに難しかったな。身近なところでコツを習得する体験が出来ると良いのだが・・・

2019/03/26

かんちゃん

我が家でも子供たちを連れてキャンプに出かけ、アウトドアごっこに興じた頃がある。防災にも役に立つとの感覚はあった。著者もヒマラヤ登山でのベースキャンプ経験からテント村設立を思い立つが、最初は単なる思いつきだったに違いない。しかし、バックアップする岡山県総社市と共に、本気で実現にこぎつけたことは凄い。果たして、避難所の限界を補って余りある大きな効果が得られた。このようなノウハウを蓄積し、自治体が相互に防災協定を結ぶ例も増えている。前例だの責任だのと言わず、まずはやると決めて、やれる方法を探すことも必要だ。

2017/06/13

roatsu

野口健さんと関係者達の善は急げを体現した行動力にはいつもながら敬服。熊本県益城町で被災者達の避難生活に快適さをもたらしたテント村の非常事態下での立上げ、運営、完結の記録は多くの教訓に満ちた読み応えのあるレポート。全編通じ文章一つ一つに野口さんの真摯な思いや問いかけが込められており、実に多くのことを考えさせられる。総社市の市長さん以下職員と市民の積極的な災害対策にも驚嘆しきりだった。今後も大災害は避け得ず、そこから生還して立ち直るため、高機能なアウトドア用品の利用ほか取りうる具体的手段の模索、そして特に

2017/05/11

のんぴ

避難民にもいろいろな事情があるので、体育館などの公的な避難所の他にも、官民協力運営のテント村という選択肢を加えることの有用性を説く。自家用車で寝るより足を伸ばして寝ることが出来、体育館の雑魚寝より子どもが騒いでも迷惑に感じにくいなどプライバシーの点でのメリット。テント村の場所設定や、想定される問題の予防に、実際に運営して蓄積された数々のノウハウ。日頃からの態度として、小さなピンチを工夫して乗り越えた成功体験を積むことの重要性を指摘。便利で快適な生活のみでは非常時に弱いとの言葉に重みがあり、耳が痛い。

2018/01/12

ともがら

当市の市長は防災のエキスパートって標榜してるけど、旧態依然たる地域の避難訓練に対し、なんの識見もない この書籍を送りつけてやろうかしら とはいえ災害に縁の少ない地域だからなぁ

2018/02/13

感想・レビューをもっと見る