読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

生きつづける言葉 情と知で動かす

生きつづける言葉 情と知で動かす

生きつづける言葉 情と知で動かす

作家
平尾誠二
岡村 啓嗣
出版社
PHP研究所
発売日
2017-12-15
ISBN
9784569836164
amazonで購入する

生きつづける言葉 情と知で動かす / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

平尾誠二、こんなにカッコイイ男がいたんです。。平尾は輝いていた。大学の時も神戸製鋼でもジャパンでも平尾はかっこよかった。記録にも記憶にも残るラガーマンだった。惜しいなぁ。本当に悔しい。まだまだだろうに・・それでも「自分の人生に後悔することはない」と言うんだね。東京で開催されるワールドカップ、平尾ならどんな風に観ただろうか。魂は受け継がれているだろう。今年最初の本。我が家にはお宝です。

2018/01/01

ナミのママ

35年分の写真と101の言葉。高齢で著名な方の金言集は書店にも並んでいるけれど、自分と同年代の人の言葉はまた違って響きます。同じ時代に生きてきたからわかる背景もあります。2019年に日本で開催されるワールドカップ、会場にいたかったことでしょう。本人はもちろん、周囲の人達も。

2018/02/01

Yasushi Hanada

観てても接していてもカッコ良い人だったけど本を読んで再認識。 自分が中高生の頃は雲の上の人である意味憧れの人。社会人になってからはライバルチームの人で戦う相手。交流が無かった訳でもないのでもっともっと積極的に話してればと今になって思う。あ〜、スパイク、サイズが合えばあげるよって言われたのを正直にサイズ違いますからなんて言わずに貰っておけば良かったなぁ

2018/02/11

みち3

金言集たぁ~このことだ。素敵な人だな~。いつのまにかいい年になり、リーダー的なポジションになってしまいこの本を手にする。以前からあこがれの人物「平尾誠二」。駄目だ。こんなリーダーにゃなれそうもない。が、こんなリーダーの下で動いてみたい。このままぢゃ、自分の下で動く人は気の毒だ!ますます自己嫌悪に陥りつつ、少しずつでも成長しようと痛感。人生に後悔はない、と言い切れる素敵な人生を歩みたい。やっぱり平尾誠二はヒーローなのだ!きっとこの先何度も読み返すであろう一冊。満足。

2018/01/13

平尾誠二さんは理想的な日本男児の外見及び内面だ。エンジョイとは、瞬間瞬間に全てを賭けて全てを出し切ること、気づきは人間を成長させる原動力などが序盤の写真とともに書かれている。状況を変えるには自分が変わる・変えていくしかない。理不尽は人を鍛えて強くするのだという。67ページの写真が非常に格好いい。109ページの山中教授との写真では優しい笑顔も垣間見える。知のスピードを持つことは大事だ。憧れの人の言葉は心にくる。

2018/02/02

感想・レビューをもっと見る