読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

半分生きて、半分死んでいる (PHP新書)

半分生きて、半分死んでいる (PHP新書)

半分生きて、半分死んでいる (PHP新書)

作家
養老孟司
出版社
PHP研究所
発売日
2018-02-17
ISBN
9784569837567
amazonで購入する Kindle版を購入する

「半分生きて、半分死んでいる (PHP新書)」のおすすめレビュー

養老孟司が語る“今の日本”と“平成の振り返り”

『半分生きて、半分死んでいる(PHP新書)』(養老孟司/PHP研究所)

 養老孟司氏といえば、400万部を超えるベストセラーとなった「バカの壁」の著者である。そんなベストセラー著者の頭の中にはどんなことが詰まっているのか、気になる方も多いはず。それが分かるのが『半分生きて、半分死んでいる(PHP新書)』(養老孟司/PHP研究所)だ。本書は雑誌『Voice』に掲載されていた原稿をまとめたもので、政治や歴史、世相だけでなく、養老氏の思想や生き方も楽しめる。今回は中でも印象に残ったテーマを、いくつかピックアップしてみた。

■人工知能の時代にヒトは何ができるか

 現代は情報化社会で、ヒトの身近には常に優秀なコンピューターがある。膨大な情報が得られるインターネットは都心と地方の格差をなくし、暮らしを便利にしてくれることも多い。しかし、世の中のものが全てデジタル化していくことで、コンピューターがヒトと置き換わる時代がやってきてしまうのではないかと、養老氏は指摘する。

 たしかに、近年では、コンビニ店員がロボット化されたり、Siriのような秘書機能アプリケー…

2018/3/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

半分生きて、半分死んでいる (PHP新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tsuyoshi

月刊「Voice」での時事エッセイをまとめて書籍化したもの。平成に起きた様々な出来事を「すべてが煮詰まった時代」と称して警鐘を鳴らしつつ、どう折り合いをつけて生きていくべきか独自の考えが展開されていた。著者の作品は何冊か読んでいるが、本作でも相変わらずの独創的な着眼点や語り口につい魅了されてしまった。特に印象的なものとして、個人か国家かといった偏重思考の進展による「公的な社会の煮詰まり」EU離脱等から見る「グローバル社会の煮詰まり」宗教テロから見る「一元的な価値観の煮詰まり」等が挙げられる。

2018/04/18

けんとまん1007

養老先生ならではの切り口で、今のこの国を憂いていると思える。すべてに同感とは言えないが、基本にあること。人をどう思い、大切にするのかという視点。今は、そこが蔑ろにされているように思えてしかたない。長年の澱んだものが、人のこころをむしばんでいるし、それが、目の前の一瞬のことしか考えないことにもつながっている。いろんなものが劣化している。ただ、希望ももちろんある。タイトルの意味は、とてもひろがりがある。そのためには、自分で見て感じて考えること、そして動くこと。

2019/02/05

しん

時事エッセイと誰かが書いていたが、当てはまっていると思う。エッセイ集とか、何かの雑誌に連載していた小文を集めたものとか、感想が難しい。話題があれこれ、色々あるからだ。そのため同感するものもあるし、そうでないものもある。一部で本全体は語れない。最初はそんな気がした。読み終えると、一つの主張があったように思える。だからどうするんだ、ということは自分の頭で考えることなのだ。

2018/10/11

tetsu

★3 「平成とは、すべてが煮詰まった時代」と言っている。腑に落ちるというのはこのような時に使うものでしょう。 養老孟子が雑誌に連載した文章をまとめたエッセイ集。

2019/11/26

ハチ

まずタイトルw養老さんの投げやり感。先日出た、遺言。よりうんと時評が多く内容もかっ飛ばしていたので冬バテ気味の頭にはちょうど良かった。内容に新奇性はないがhomo deusのハラリさんがやっと養老さんの哲学についてきて2人のmelting pointみたいなタイミングに平成が終わっていくのだなあと、ふと色々な事を回顧したくなった。

2018/02/16

感想・レビューをもっと見る