読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ

45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ

45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ

作家
藤原和博
出版社
PHP研究所
発売日
2018-04-12
ISBN
9784569837833
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大事な折り返し地点。このままいく? それとも…誰もが70歳まで働いて、90代まで生きるこれからの時代、折り返し点の「40代半ばの決断」が人生全体の充実度を決める鍵となる。自らも40代後半にリクルートから教育界に転身した著者が、自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイス。読むと将来に対する不安と迷いが消え、元気が湧いてくる人生戦略論。 ※堀江貴文著『多動力』や西野亮廣著『魔法のコンパス』の中でも紹介された「キャリアの大三角形を作り、100万人に1人の人材になる方法」を、本書でも40代読者に向けて丁寧に解説。さらに、そのエッセンスを1枚のカラー口絵に集約。※本邦初公開! 自分の「信用度」を数値化できるチェックリスト付き!

「45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ」のおすすめレビュー

あなたの人生の価値は“折り返し地点”で決まる! 40代で急に焦らないために

『45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ』(藤原和博/PHP研究所)

 40代とはあなたにとってどのような年代だろうか?

 本書の著者は「自分はどこに向かっているのか?」と漠然とした不安や恐怖を感じ迷うのが40代だと考えている。著者自身が45歳前後までは「中途半端な存在」だったという告白を通し、その後どうやってそこから脱したのか語ることで、今同じように迷っている読者へのヒントを与えてくれるのが本書『45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ』(藤原和博/PHP研究所)だ。

■40代からの人生の確固たる基盤を作ろう

 40代からの人生の基盤を作るためには、まず自分の価値を上げていくことが大切だと著者は自分の経験から説く。

 でも「価値を上げる」とは具体的にどうすればいいのだろうか? 著者の提言は、自分の「希少性」を高めること、そして今まで身につけてきたキャリアを掛け合わせて進化させていくことが「価値を上げる」ために必要であるということだ。

 それを実現するための考え方として著者は「キャリアの大三角形」を紹介し、それぞれのステップで心掛けること…

2018/5/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

assam2005

50代、20代対象の本はよくあるが、40代って珍しい…と思い、手に取りました。この方の本はいくつか読み、学校教育に民間の企業の手法を取り入れ、「新しい」試みを成功させたところはスゴいと思うのですが、民間の企業内では特に新しいことでもなく。さほど目から鱗的なことも感じられず、私自身がこの対象の年代にもかかわらず、微妙にズレて聞こえました。働き始めて数年たった若者への本としてもよかった気がします。やはり、この作者さんは「学校の先生」なんだなーと感じました。

2018/05/28

ゆうきなかもと

非常に面白い本なんだけど、45才の人向けではないと思う。 就職したての人が読むべき。 あと後半は教育論的な内容。 親世代という意味で45才向けの内容とも言えるが…。 なんか…全体的に出来があまりよくない本だと思う。 ネタとしての内容は悪くない。 題名と内容のちぐはぐさ。あと文脈も良くない。 なんか急に話が変わったりする。 編集者に責任があると思います。

2018/05/02

kum

45歳というのは体力的にもキャリア的にもひとつの折り返し地点、これからの自分をあらためて考え直す年齢なのだろう。人生100年時代には40歳が成人くらいでちょうど良いと言われると、完成された感の全くない自分もまだまだこれからだなと思える。◎今の自分に必要なものを厳選し、身軽になって跳ぶ準備をする/転職や独立と組織に留まることのリスクは40半ば以上からはほぼ同じ/組織を出るか出ないか迷ったときのカンどころは「自分は何を捨て、何を得たいのか」をはっきりさせること/潔さと一歩踏み出してみる無謀さが大事。

2019/03/14

なおみ703♪

藤原氏の書は、齋藤孝、ホリエモン、池上彰、茂木健一郎とともに、時々読んでいるし、その考え方は共感できる。いくつかの足場を持つこと。掛け合わせることによってニッチな活躍な場を生み出すこと。複眼思考であること。レゴ型思考であること。情報編集力が大事。信用(クレジット)を積み重ねるべし。1万時間続ければ誰でもそこそこものになる。仕事が向いてないのではなく、仕事に合うように自分を変える。正解ではなく納得解を見つける。ななめの関係も大切。経営とは管理ではなく、人材を含む諸資源を機動的に配分する編集行為である。

2018/09/21

たか

ある3つの分野で100人に一人の存在になれば100万分の一の希少性が高まる。今でも実行しているがこの方の本の内容はとても説得力がある。

2018/04/11

感想・レビューをもっと見る