読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。よりぬき・月がキレイですね編

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。よりぬき・月がキレイですね編

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。よりぬき・月がキレイですね編

作家
K.Kajunsky
ichida
出版社
PHP研究所
発売日
2018-04-27
ISBN
9784569840635
amazonで購入する Kindle版を購入する

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。よりぬき・月がキレイですね編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Miyoshi Hirotaka

結婚したから夫婦になるのではなく、結婚してから夫婦になる。夫婦はいわば、二人で作る作品のようなもので、縦の糸を横の糸で織るだけではなく、クレヨンと画用紙だったり、粘土とヘラだったりと作り方は様々だし、制作期間も違う。他人が作っているものがよく見えたり、短気を起こして途中で投げ出したくなったりすることもあるだろうが、苦労して乗り越えて行くうちに二人は自然と夫婦になっている。また、夫婦は無形。現世だけで一緒にいることが夫婦ではなく、来世でもそうかもしれないし、記憶にないだけで前世でもそうであったかもしれない。

2018/08/02

る*る*る

映画にもなり、気になって読了。我が図書館に一巻なく、このよりぬき本のみ蔵書。「妻」の??な行動の選り抜きは、1巻から読めばスムーズに笑えるかなー。

2018/10/06

どあら

図書館から借りて読了。面白くてあっという間に読めました(^o^)

2018/08/04

じょり

3巻まですべて持っててよりぬきという言葉で買うか迷ったのですが、数ページ開いて榮倉奈々さんがかわいかったので買っちゃいました。前半実写映画化に触れた新作でした。それに安定したちえさんワールド炸裂でとても面白かったです。『こういう奥さん最高じゃないか』(『』内はたぶん1巻の感想とほぼ同じ)これは映画見に行きたいなぁ

2018/05/09

たまき

ちょっとこの二人の感じはうちと似ているかもと思った。 でも私は死んだふりは絶対にしたくない。そうゆうのはもう洒落にならないというのがわかったから。。言葉数が少なくても、どちらかの気持ちがダダ漏れだとわかりやすくてきっといい。

2018/05/20

感想・レビューをもっと見る