読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

池上彰の「天皇とは何ですか?」

池上彰の「天皇とは何ですか?」

池上彰の「天皇とは何ですか?」

作家
池上彰
出版社
PHP研究所
発売日
2018-07-18
ISBN
9784569840734
amazonで購入する Kindle版を購入する

「池上彰の「天皇とは何ですか?」」のおすすめレビュー

「皇室」と「皇族」の違いを説明できますか? 池上彰が優しく教える“天皇とは”

『池上彰の「天皇とは何ですか?」』(池上 彰/PHP研究所)

 2019年4月30日に迎える今上天皇の退位により、平成は幕を閉じる。そして翌日の5月1日から新元号が施行されることとなる。だが、私たちは「天皇」についてどれだけ知っているだろうか? 「日本の象徴」の意味とは? 皇室の仕事とは? そもそも天皇とは? 今更人に聞けないという人もいるだろう。だが、新しい歴史を迎えるこのタイミングだからこそ改めて「天皇」を知る良い機会になるのではないか。

『池上彰の「天皇とは何ですか?」』(池上 彰/PHP研究所)では、今だからこそ知りたい“天皇とは?”について、池上氏らしくわかりやすい言葉で解説されている。天皇制について全てを知るには難しいことも理解しなければいけないだろうが、小さな疑問やトリビアをきっかけに知識を深めていくのも良いだろう。

 そもそも、「皇室」とは何か、「皇族」との違いを尋ねられたら答えられるだろうか?

「皇室=天皇陛下+皇族」である。宮内庁のホームページには「皇室は、天皇陛下と皇族方で構成されています」とある。よって、天皇は皇族には含まれない…

2018/12/23

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

池上彰の「天皇とは何ですか?」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Aya Murakami

図書館本 ことしのナツイチ対象本で戦国時代の京都はならず者が跋扈する無法地帯になっていたということを知ってはいたのですが皇族もその悪影響を免れなかったのですね。財政不足で葬儀やら儀式ができない…それでも今現在まで皇室は続いているのですね。結構強力な王室であるというのはうなずけます。 後、神道のシャーマン代表のような皇室で自然科学の勉強が行われているというのも意外。

2019/10/05

ごへいもち

相変わらずのわかりやすさ。同じ一人の人間として生まれたのに天皇という立場だからと陛下にこんなに重責を負わせてしまっていいのだろうかと思いました。気楽な庶民には想像もつかない窮屈さ…

2020/02/08

hk

明治憲法は欽定憲法(ザックリ言えばトップダウン型)ではあるが立憲主義的な色彩の強い憲法に仕上がっている。ここには伊藤博文の影響力が強い。伊藤は不平等条約を改訂するために世界標準に合わせる必要があると説いた。というのも、おりしも当時のワールドスタンダードは専制君主制(君主に無尽蔵の権力が付与される)から立憲君主制(君主の権限が制約を受ける)への過渡期だったためだ。かくして伊藤の進言をいれて、欽定憲法ではあるが立憲主義の明治憲法が公布されることとなる。……といった具合に憲法と天皇についての見識を得られる一冊。

2018/11/30

mintia

天皇陛下について知れば知るほど、もっと知りたくなる。

2018/12/20

りょちみ

平成が終わるこの節目に読めて良かったです。昔は、天皇は多分判子押したり国の行事に参加するくらいしかしてないのかな、なんて思っていたこともありました。ただこの本を読むと、戦没者や被災者への慰霊や、想像以上の国事行為、公的行為があることがわかります。天皇陛下が、日本国民統合の象徴として、常に考え続けられながらご公務していたことがわかります。特に、生前退位については、皇族や皇室、日本国民、政府のことを考えに考え抜いてでてきたお言葉なのだと思います。条項になられてもお元気でいていただきたいと常に願います。

2019/04/11

感想・レビューをもっと見る