読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本の民主主義はなぜ世界一長く続いているのか (PHP新書)

日本の民主主義はなぜ世界一長く続いているのか (PHP新書)

日本の民主主義はなぜ世界一長く続いているのか (PHP新書)

作家
竹田恒泰
出版社
PHP研究所
発売日
2019-03-16
ISBN
9784569842561
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本の民主主義はなぜ世界一長く続いているのか (PHP新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いやもうほんと学生時代にちゃんと勉強してればフランス革命がいかに凄惨なものだったか分かるのに、いまだ「自由を勝ち取りし人類の大きな前進」みたいな論調で引っ張られてるのが謎すぎる。自由とやらを勝ち取ったのはまあそうなんだけど、抑圧されまくって開放感の飢餓状態だった民衆がその後、革命なんか起こさないほうが良かったと思うまでの殺戮を起こしたことを見れば、どう考えても「輝かしい人類の1ページ」なんかじゃあないでしょう。

2020/11/28

tnyak

日本型民主主義について、分かりやすく解説された良書。次の二文、しっかり頭の中に入れておきたい。『天皇と国民が一体となりながら、ともに国を統べる「君民共治」こそ日本の伝統的な統治形式なのです』『日本人は何をもって民主主義の理解の範とすべきか。答えは「和」です』

2019/05/05

jin

理性とは大声で語ることの内にあるのではない。本当の理性はよく聞くことの内にある。

2019/05/08

ヘミングウェイ・ペーパー

西洋では「国民は王の私物」にすぎず、君と民の利害は相反し、不満を感じた国民が暴動や反乱を起こすという歴史があるが、日本は「君民一体」であり、天皇と国民が対立した歴史は一度もなかった。初代神武天皇の詔にある「八紘為宇」という言葉に求められるように、日本型民主主義には「和の精神」があった。民主主義という「道具」は包丁と同じく使い方によっては悲惨な凶器にもなる(p.33)、民衆の考えがつねに正しいというのは幻想(p.51)、民衆には「熱狂に流されやすい」という欠点がある(p.220) ということを知っておこう。

2021/02/01

乱読家 護る会支持!

日本は最古の民主主義国家。天皇の元で、各時代の為政者は、民の意見を救い上げて、徳治政治をしていた。。。 世界史を見ると、為政者は自国民を無残に虐殺し、戦争での兵士は敵国民も自国民も平気で殺戮していることがわかる。 一方で日本史ではそのような民を苦しめた出来事は圧倒的に少ない。太古の昔から、為政者は民の為に、民は国や地域の為に働いてきた歴史。 日本の素晴らしい歴史を、ちゃんと自信を持って子どもたちに教える学校に変わってほしいと思います。

2020/02/21

感想・レビューをもっと見る