読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

灼熱

灼熱

灼熱

作家
秋吉理香子
出版社
PHP研究所
発売日
2019-07-25
ISBN
9784569843223
amazonで購入する Kindle版を購入する

「灼熱」のおすすめレビュー

「亡き夫のために、整形して憎い男の妻になりました」壮絶な復讐劇の結末は?

『灼熱』(秋吉理香子/PHP研究所)

 たったひとりの人物との出会いが、人生を焼き尽くしてしまうようなことがある。心や頭に焼印のように刻み付けられた存在を、人はどう慈しんでいけばいいのだろうか。『灼熱』(秋吉理香子/PHP研究所)は、読後にそんな想いに駆られる衝撃作だ。

 本作の著者はこれまで『暗黒女子』(双葉社)や『絶対正義』(幻冬舎)を手がけており、人の心に宿るドロドロとした闇をまざまざと描くプロ。その筆力は本作からも感じとれる。

■亡き夫の死を解明すべく、憎い男の妻に

 主人公の絵里は医者である久保河内英雄と入籍し、同居を始めたばかりだ。おいしい手料理を振舞い、仕事へ出かけていく英雄を見送る絵里は幸せいっぱいのように見える。しかし、絵里はこの結婚を通じて、誰にも言えないような復讐を遂げようと目論んでいた。

 彼女の本当の名前は実は別にある。ことの発端は1年前に起きた悲しい出来事。当時、絵里は忠時という男性と結婚し、幸福な生活を噛みしめていた。しかし、ある日、忠時がマンションのベランダから転落し、命を落としたことで絵里の人生は一変する。

 絵里はその事…

2019/8/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「灼熱」の関連記事

【文芸・カルチャー編TOP10】2019年人気記事ランキング

 日本出版販売(日販)とトーハンが発表した「2019年 年間ベストセラー」によれば、2019年もっとも売れた文芸書は、瀬戸まいこ氏著の『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)だそうだ。血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった少女の物語は「本屋大賞」を受賞したことから人気に火がついた。その他にも魅力的な文芸書・カルチャー本が発売された2019年。

 ダ・ヴィンチニュースユーザーたちは今年、どんな記事を読んだのだろうか。見てみると、年間ベストセラーにはランクインしていない作品ばかりで、まだ読んでいない本に出会うことができる!早速、「2019年人気記事ランキングTOP10【文芸・カルチャー編】」を見てみるとしよう。

【第1位】夕方の神社には“アレ”が出るのでお参りはご法度。宮司が聞いた神社にまつわる怖い話

『神恐ろしや』(三浦利規/PHP研究所)

 秋田県・伊豆山神社の宮司・三浦利規さんが、神職を通して知り得てきたという数々のエピソードを描いた本。それが『神恐ろしや』(PHP研究所)だ。

 この本のエピソードは、どれも独特な不気味さをかもし出してい…

2019/12/28

全文を読む

関連記事をもっと見る

灼熱 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

秋吉 理香子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。良い意味で予想を裏切る展開、イヤミス度は低いですが、上質のミステリです。

2019/08/09

ウッディ

愛する夫を殺した犯人の証拠を掴む為、顔を整形し、名前を絵里と変え、医師英雄の妻となった咲花子。夫の優しさに触れ、穏やかな幸せに包まれ本当の目的を忘れそうになる咲花子の心の動き、夫が本当の自分の事を知られているのではないかという恐怖、そして最後に明らかになる真相など、よく練られたストーリーでした。心臓病の妹亜希子の豹変が多少違和感はあったものの、途中の伏線に気づかせずに、意外な真実に持って行った筆力は見事でした。色んな要素が詰め込まれたサスペンスで面白かったです。

2019/11/24

完全にタイトル負けしていると思いました。憎い男の妻となったのならもっと葛藤やドロドロとした気持ちが表現されているのかと思ったけれど割とあっさりしていて拍子抜けしてしまった。自分の期待が高過ぎたのかもしれない。でも、逆に葛藤とかが表にでてしまうと夫にバレてしまうのかな?とも考えました。もう少し主人公の内面の葛藤を描いて欲しかった。現実だったら憎い男の妻になるなんて考えられないですから。。。

2019/10/24

utinopoti27

夫を殺したに違いない男に復讐するため、他人の戸籍を手に入れ、顔を整形してまで憎い男の妻になる主人公。ところが次第に彼が夫を殺したのかどうかわからなくなり、ついには愛情まで芽生えることに。だが、ようやく見つけた彼のPCには決定的な事実が隠されていた・・。揺れ動く主人公の心理描写と、終盤にかけてのサスペンスフルな展開には、緩みなく張り詰めた緊張感が漂う。ただ、冷静に検証すると、突っ込みどころに事欠かないし、イヤミスのわりには意外性もドロドロ感も今ひとつ。そして何よりも大きな疑問。この作品のどこが「灼熱」なの?

2019/09/22

のりオバ

Kindle本📚 おはようございます😃 おおおぉぉぉぉっ! 気合いだ気合いだ気合いだぁぉ〜っ🤛 気になりすぎて朝早く目が覚めて読み終わりました〜 お騒がせおばさんです🙄 秋吉先生の作品は、怖いけど、愛や情に溢れすぎていて、とても読んだ後に爽やかな風が吹きます。オススメの作品です。9時から手術ですが、ほんわかした気持ちで頑張ってきます😄

2019/09/24

感想・レビューをもっと見る