読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風神雷神 Juppiter,Aeolus(下)

風神雷神 Juppiter,Aeolus(下)

風神雷神 Juppiter,Aeolus(下)

作家
原田マハ
出版社
PHP研究所
発売日
2019-10-29
ISBN
9784569843889
amazonで購入する Kindle版を購入する

風神雷神 Juppiter,Aeolus(下) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上・下巻、700頁弱、一気読みしました。本書は、歴史アートファンタジー青春冒険譚、奇跡の物語でした。俵屋 宗達×織田 信長×天正遣欧少年使節×カラヴァッジョ、いずれも『嵐を呼ぶ男』です。著者は、『楽園のカンヴァス』、『ジヴェルニーの食卓』、『暗幕のゲルニカ』、『美しき愚かものたちのタブロー』と4度直木賞候補となっていますが、本書で直木賞受賞で良いかも知れません。PHP研究所出版だから、厳しいかな? http://prizesworld.com/naoki/kogun/kogun147HM.htm

2019/12/09

ウッディ

イタリアに着き、ローマ教皇と謁見し、携えた絵を献上した宗達と遣欧使節団の少年たち。苦難を乗り越え、絆を強める友情に胸が熱くなります。ミラノの教会にあるダ・ヴィンチの絵の前で一人の見習い画家カラバッジョと出会い、一流の絵師になることを誓い合い、ユピテル・アイオロスの絵を交換する。このぶっ飛んだ物語が、エピローグで一人のキュレーターの空想になっているのが微笑ましい。ただ、その後宗達が風神雷神の絵を描き、マカオで見つけた古文書の秘話なども書いてほしかったかな。とはいえ、絵画から広がる妄想物語は面白かったです。

2020/08/29

bunmei

エピローグの「美術は歴史の大河が過去から現代へと運んでくれたタイムカプセル」の如く、400年の時を遡り、自分も宗達等と共に天正遣欧使節団の一員となって、ローマ教皇謁見と西洋名画を巡る旅に出かけた感覚でした。決して巡り会うことのない宗達とカラヴァッジョの友情物語。『最後の晩餐』や『最後の審判』等に出会った時の宗達の驚嘆と感動。小説家・原田マハだからこそ描きあげることができた、妄想とも思える本作に打ちのめされました。最初、期待した琳派の物語ではなかったですが、良い意味で期待を裏切ってくれた、荘厳な小説でした。

2019/12/20

うっちー

『最後の晩餐』をもう一度見たくなりました。

2019/11/20

Makoto Yamamoto

上巻に続いて読了。 展開が面白くあっというだった。ゴアでの別れの後、ポルトガル、スペイン経由でフィレンツェ、ローマへ。 ここで出会う絵画の素晴らしさの表現が素晴らしいし、感動する宗達。 さらに目的を果たして、帰りに出会うミラノでの逸品。 ここでまさかの少年と出会う。 エピローグは望月彩の登場。 本当に残念なのは信長がバチカンに贈った洛中洛外図が行方不明になっていること。 もし見つかれば最高級の発見で、ぜひ観てみたいと思った次第。

2020/02/27

感想・レビューをもっと見る