読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛すべき音大生の生態

愛すべき音大生の生態

愛すべき音大生の生態

作家
辛酸なめ子
出版社
PHP研究所
発売日
2020-03-13
ISBN
9784569846798
amazonで購入する Kindle版を購入する

愛すべき音大生の生態 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

R

様々な音大にインタビューや見学、学園祭突撃なんかをして、学生さんたちの実態をレポートした本でした。思ったよりもおとなしいというか、破天荒さは控えめな内容でまったり読めました。著者の貧乏僻みがやや多いものの、音大生の苦労や、音大あるある的な話、やや闇を感じさせる噂話など、それなりに面白いのだけども全体的に綺麗にまとまりすぎてて、大人しい印象。穏やかにまとまった本でした。

2020/08/06

アコ

音大生の生態に迫る取材本。自虐まじりの文体など著者らしさはあるも、内容があまりに浅くて軽い。現地取材の内容も微妙で音大潜入を楽しんだだけにも見える。なんだろう、たまたま学校・専攻が異なる音大卒の友人が数名いて、彼らからもっと興味深い話やエグい話を聞いていたのもあるかと。(遠距離レッスンや就職難、学校や専攻間のマウントとか…)著者ほど音大や音大生がミステリアスな存在ではないようだ。新垣隆氏との対談はよかった。

2020/11/12

Monsieur M.

「来世は音大生になりたい」と憧れ続けて、はや何年?本書の存在を知り、「これはぜひ読まねば」と思った。辛酸なめ子は「女子校育ち」「大人のコミュニケーション術」も面白かったし、ネットや雑誌などでもその文章を読んでいるので。期待を裏切らぬ面白さだった。生まれ変わったら、食べていけさえすればあまり裕福になれなくともよいので、音大を出て何らかの音楽家になりたいものだ。もちろん、プロオケの団員くらいになれるのがベストだが……(性格的にか、ソリスト志向はあまりない。)。

2020/06/28

rinrinkimkim

選ばれし精鋭たち。となめちゃん、珍しく及び腰。いつもの見下すようなコメントは息をひそめ、ひたすら敬意をこめた文章で、ちょっとずっこけました。キリトモの学園祭や発表会に行ったことあるんですが、本書のとおりで、ドイツ語やイタリア語が飛び交ってましたっけ。そしてキレイな学生が多かったのも本当です。キラキラしたお若い娘さんたちの演奏会はまぶしく、浮世離れしていた。そもそもお金持ちの生徒は自宅で練習できるから学校へは来ない。とありましたがその通りだと思います。ふた味くらい違うキャンパスライフをチラっと見る1冊。

2020/10/05

るき

『最後の秘境 東京藝大』のようにインタビュー中心かと思いきや、自分の取材したことを中心に描かれた本でした。見る人によってまとめ方も違うよな~とそれなりに楽しめました。うっかり『のだめカンタービレ』全巻読み返してしまった・・・。

2020/07/14

感想・レビューをもっと見る