読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幕間(まくあい)のモノローグ

幕間(まくあい)のモノローグ

幕間(まくあい)のモノローグ

作家
長岡弘樹
出版社
PHP研究所
発売日
2021-02-27
ISBN
9784569848532
amazonで購入する Kindle版を購入する

幕間(まくあい)のモノローグ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

長岡 弘樹は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 ドラマ、映画、舞台における連作ミステリ、著者の意図が上手く伝わらず、不完全燃焼の印象でした。内容の割にドラマもありません。 https://www.php.co.jp/books/detail.php?code=84853

2021/05/03

いつでも母さん

で結局、南雲のメガネは軽くなったの?それは続編(あるのかな?)でってことなの?芸能界版『教場』って感じの長岡さんの新作。「ほぅ…」って感じる話もあったけれど、全般通してこの手法に慣れ感?既視感のようで私には今一つ。気付いたらサクサク読んじゃった、って感じがなんか惜しい。

2021/04/08

修一郎

警察学校に始まって消防署に映画に病院と,長岡さんがいろんな業界に手を出してくれてそのたびに専門的な業界蘊蓄を披露してくれるので大変勉強になる。さすがにその展開は無理筋じゃねってのいうのはあるけども。南雲草介さんは俳優を辞めようとする人を思いとどまるよう仕向けるので風間公親よりは優しいね。次は南雲草介さんご本人の話をゼヒ。短編じゃなく長い奴で。いつもながらのコメントだけども,雑な殺人事件とかはいらないです。

2021/04/12

おしゃべりメガネ

長岡さんらしい読みやすくもあり、質は重厚なミステリー連作集です。今回は俳優業の中からあらゆる事件、謎を究明していきます。ベテラン俳優「南雲」が自分が関わった俳優の若手達の'事件'に携わり、解決していく流れはすっかり長岡さんの定番化してるパターンです。そんな流れにしっかりと引き込まれ、ページを捲る手が止まらなくなりますが、内容は割りとシンプルに進むのでさほど疲れません。しかし、どうしても『教場』クラスの雰囲気、完成度まで期待してしまうと、ちょっとモノ足りなさを感じてしまうかなと。私にはちょっと薄味でした。

2021/04/24

タイ子

ベテラン俳優、南雲草介。現役の俳優であり、アクターズスクールの講師を務める。そこで出会う役者の卵たちに関わるドラマ撮影中のトラブル、事件をサラリと解決していく連作短編集。南雲本人の体調変化も描きながら、周囲の細かい部分を何気に伏線と読ませたり、一つ一つのテーマに意外性があるのはやはり長岡さんらしい。そして、南雲の解決の仕方の中に優しさや厳しさが表れていて善悪どっちに終わっても清々しく感じる。南雲本人の秘密が終盤明かされるが、これが続編に繋がるかどうか、微妙なところ。

2021/03/13

感想・レビューをもっと見る