読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

20の古典で読み解く世界史

20の古典で読み解く世界史

20の古典で読み解く世界史

作家
本村凌二
出版社
PHP研究所
発売日
2021-08-19
ISBN
9784569849201
amazonで購入する

20の古典で読み解く世界史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

新刊棚。古典は世界文学史上名高い古典作品(004頁)。話し言葉で書かれている。大昔の人間には神々の声(神々のささやき)が聞こえていた(052頁)。『イリアス』はそれらが聞こえた時代、『オデュッセイア』は失われ始めた時代の象徴作品(055頁)。木村先生はこれらの音読を薦めている(057頁)。機会があればそうしたい。『史記』は亡き佐藤英美先生も推薦されていた。鶏口牛後は、大集団や組織末端より、小集団でもそこの長になったほうがいい(074頁)。

2021/10/02

きおくあたま

いくつかの既読作品については著者の評価を、それ以外については今後の選択の参考にしたくて読んでみた。それぞれの古典の周辺や関連する歴史に触れてはいるが、どちらかというと世界史を読み解くというよりもその古典の面白さを語ることに重きを置いている。私にとってはちょうどよかったし次に挑戦する意欲も湧いてきた。まずは「夜明け前」を読んでみるか。

2021/10/17

Lagavulin

あとがきで「趣味の本」として書いたとある。確かに「この著者といえばこの本だが私はこれが好きだ」と言って別の本を紹介していた。1番の名作を知りたかった。

2021/10/15

sky

ドストエフスキーや魯迅、島崎藤村など、有名だけど敷居が高いイメージのある名著への足掛かりとなってくれる本。古今東西から集められた20の古典について、あらすじだけではなく、著者の人生やその本が持つ世界史的な背景・意義がまとめられている。とても濃い内容なのに、読みやすくてあっという間に読めてしまった。読みたい本がたくさん増えたのも嬉しい。

2021/09/18

感想・レビューをもっと見る