読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

特攻隊員と大刀洗飛行場 四人の証言 (PHP新書)

特攻隊員と大刀洗飛行場 四人の証言 (PHP新書)

特攻隊員と大刀洗飛行場 四人の証言 (PHP新書)

作家
安部龍太郎
出版社
PHP研究所
発売日
2021-07-16
ISBN
9784569849836
amazonで購入する Kindle版を購入する

特攻隊員と大刀洗飛行場 四人の証言 (PHP新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りんだりん

大刀洗飛行場は実は私の実家のすぐ近くにあった。今でも所々に当時の門や壕のあとがある。この本は、著者が講演のあと立ち寄った大刀洗平和記念館で出会った様々な資料がその後も頭を離れず、記念館の副館長のはからいで当時の飛行兵や整備工として大刀洗飛行場に関わられた4人の方々にインタビューをもとに構成されている。著者がやがて上梓する予定の「不死鳥の翼」の取材も兼ねて行われたもので、当時の戦況、大刀洗飛行場の状況、4人の方々の置かれた立場や想いが痛いほど伝わってくる。故郷の歴史を学べた一冊であった。★3

2022/02/26

筑紫の國造

こうした「戦争体験者」の証言を得ることは今後極めて難しくなるだろう。本書は、小説家の安部龍太郎氏が自身と縁のある太刀洗飛行場に関係した、四人の戦争経験者の回想をまとめたものになっており、さすがベテラン作家、と唸らせる構成となっている。本書の経験者の話はいずれも興味深いものであるが、最も印象に残ったのは最後の生還した特攻隊員の方の話だ。自分が特攻隊員となり、家族や祖国を守るはずだったのに、その家族が自分のいない間に亡くなってしまった件は、あまりにも悲しい。「等身大の戦争体験」が描かれた、貴重な一冊。

2021/08/16

くりぞう

毎年8月になると夏休みという感覚の中で、日本が敗戦した月だという認識を持つようになった。年をとるにつれ、その意識が強くなった。この本は戦時中に東洋一といわれた大刀洗飛行場で時を過ごした方々の戦争の記憶が語られている。読み終わって感じたことは、我々は絶対に戦争の歴史を風化させてはいけないということだ。激動の時代を生き抜いた方々のインタビューはどれも重みがある。そして戦争の中を生き抜いた方々にはどこか力強さというものを感じてしまうのだ。高齢になっても明瞭な語りをされているのも納得してしまう。

2022/07/31

Go Extreme

大刀洗飛行場を訪ねて:博多湾から引き上げられた九七式戦闘機 ある特攻隊員の手記が語りかけるもの 郷里の大先輩と父からの言葉 技術者たちの苦闘:B29に対抗すべく開発された震電 空襲を受ける大刀洗飛行場 終戦直前にも米軍機が 生き地獄を味わった整備士:日本一の整備士になるために エンジン音を耳と体で覚える エンジンを音と耳で覚える 陸軍の迷走と「さくら弾機事件」:B29の編隊による空襲 さくら弾機、相次ぐ着陸の失敗 特攻兵の届かなかった手紙:生徒隊から飛行学校本校へ 特攻隊で戦死すると四階級特進も

2021/11/02

onepei

貴重な聞き書き

2021/09/03

感想・レビューをもっと見る