読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いやし 〈医療〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

いやし 〈医療〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

いやし 〈医療〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
朝井まかて
あさのあつこ
和田はつ子
知野みさき
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2021-08-06
ISBN
9784569901442
amazonで購入する

いやし 〈医療〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

いやし・・と細谷正充さんが編まれた5話。5人の女性作家陣の紡ぐいろんな医者がいた。『いやし』感じ方はそれぞれなのだろうなぁ。既読の作品もあったが何度読んでも良いものは好い。知野みさきさん初読みだったが面白く読んだ。続きも気になるキャラ揃いが好みだったが、なんと書き下ろし。

2021/09/05

みっちゃん

いやし。医師が主役や重要な役割を果たす短編が5つ。さすが名だたる手練れ揃い。シリーズ中の一編でも、ぎゅぎゅっと濃縮された人間模様、流れるような筆致、細やかな描写。特に興味深い、と思ったのはお初の作家、知野みさきさんの『仇持ち』仇を持つとは?のそそられるタイトルからのキャラの立った登場人物、劇的な展開、そして胸のすく読後感。これはシリーズを追ってみたい、と思ったら何と単発の書き下ろし。シリーズとして是非、読んでみたいものだ。

2022/02/27

ゆみねこ

5人の女性作家による「医療」時代小説集。朝井まかてさん、あさのあつこさんは既読だけど何度読んでも面白い。宮部みゆきさんは回向院の茂七親分シリーズから。知野みさきさんは初読み、「仇持ち」面白かった!他の作品も読んでみたい。

2022/04/30

真理そら

既読作品の中に知野みさきさんの書下ろしが混じっていたのでそれを目当てに購入。この石川凛モノもシリーズ化するのかな、凛が住み込んでいる医者が栗山千歳。似た名前の女優さんのせいできりっとした美人を思い浮かべてしまうが四十路の男医者だ。「寿の毒(宮部みゆき)」は回向院の茂七モノだけれど、再読してもやっぱりおきちさんがかわいそうに思えて仕方がない。「辻屋」に人生台無しにされたんだから気も強くなるし我も張るよね、この先ずっと辻屋に祟ってもアタシが許すと思う読者である。

2021/08/13

ひさか

2021年8月PHP文芸文庫刊。女性時代小説傑作選シリーズ8作目。朝井まかて:藪医ふらここ堂から「藪医ふらここ堂」、あさのあつこ闇医者おゑん秘録帖から「春の夢」、和田はつ子:口中医桂助事件帖手鞠花おゆうから「菊姫様奇譚」、知野みさき: 書き下ろし「仇持ち」、宮部みゆき:<完本>初ものがたりから「寿の毒」、5つの作品を所収。知野さんの仇持ちが書き下ろしだけあって新鮮で面白い。細谷さんが解説で言うようにシリーズ化して欲しい。残りは既読だが面白い。宮部さんファンなので…長くなるのでここまでに。

2021/11/14

感想・レビューをもっと見る