読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すべての神様の十月(二) (PHP文芸文庫)

すべての神様の十月(二) (PHP文芸文庫)

すべての神様の十月(二) (PHP文芸文庫)

作家
小路幸也
出版社
PHP研究所
発売日
2021-09-08
ISBN
9784569901541
amazonで購入する Kindle版を購入する

すべての神様の十月(二) (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

10月は神無月。八百万の神達が人間界で、ひっそり大胆に活動してるんだから、神殿には神様がいなくなるわけだ。といことで、シリーズ二作目。正直、前作の話は忘れてるんだけど、死神と貧乏神は、悪い奴、いや失礼、ホントはいい神様なんだよね。新たな神様が登場して、神々の遊びを楽しみ…、いや失礼、神様としての仕事をしつつ、人間達とふれあってく。なんとも、ほのぼのとして、ほっこり、小路幸也ワールドを堪能できました。気づいてないだけで、すぐそばに神様がいるかもしれませんね。

2021/10/09

いつでも母さん

神さま達にまた会えた。そこは小路さんだもの、暖かな空気が優しく私を包み込む。波立つ心も凪を迎える。そう安心して小路ワールドに浸れるのが心地良いのだ。仙人にお地蔵様、八咫烏にお稲荷さん・・「死神の幸生さん」私も出会いたい。またいつか三弾目を待つとしよう。

2021/09/29

シナモン

神様は姿を変えて私たちに近づいてくるんだなぁ。自分の日常でももしかしているんじゃないかな、なんて思ったりして。小さな福が重なりあって平穏無事な毎日が続いていく。感謝だな。2作目もいろんな神様の活躍にほっこりでした。

2021/10/18

タイ子

八百万の神に守られている日本の人々。フツーに生活に溶け込んでフツーに人と触れ合いフツーじゃない奇跡を起こす。それが神様。今回も前回でおなじみの神様が再登場したり、名前を変えて現れたり面白くてほっこり。「戌の日に」に登場する家政婦のおたねさん。父親が依頼したはずが、誰も頼んでないという。その正体は…。イケメンの死神に恋した少女。報われない恋だけど少女の未来に光を与える。人間が思っているイメージとは違う姿を見せてくれる神様たちは今日も私たちの近くで誰かとなり見守ってくれているでしょう。年神様に二礼二拍手一礼。

2022/01/03

八百万の神様がいらっしゃる日本に生まれた事が、なんだか嬉しくなる連作集です。前作の付喪神様はお釜でしたが、今作は枕の付喪神様。付喪神は人間の愛が作り出す神様という言葉が、何か日本人の精神性を表しているようでストンと心に響く言葉でした。が、付喪神様の章で残念な誤植?かもしれない発見をしてしまいました。158p9行目「小きな枕を作ったんだ」とありましたが、「小さな」だったのかな?ラスト死神の幸生さんとの再会は嬉しかったです♪

2021/09/24

感想・レビューをもっと見る