読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS)

新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS)

新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS)

作家
夢枕獏
出版社
双葉社
発売日
2018-07-18
ISBN
9784575008043
amazonで購入する

新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編 (FUTABA NOVELS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

miroku

面白いのだけれど、長いよねえ。

2019/04/26

ぽかちゅう45

序盤は磯村露風VS姫川源三、中盤は土方元VS漢、終盤はカイザー武藤VS猿神跳魚の贅沢なラインナップ。中でも場外戦、ぼったくりバーでの土方元VS漢の対戦は空気がヒリつく感じのイメージを持てて凄く良かったです。…さてと、餓狼伝シリーズを楽しみましたが問題は…獏さんだけに今度いつ出版されるか・またはされないのか…ここが一番の心配どころです(^^;獏さん、よろしくね(笑)

2019/01/29

TAKA0726

餓狼伝と言えば板垣恵介、クラップラー刃牙の世界。今回は姫川源三と磯村露風の飄々とした騙し合いのいぶし銀の闇試合。徳川家に柔術を教えた葵流に対し、皇室を護ったお毒見役の菊流の毒までも武術に取り込む「不知火」「離桜」など奥が深い。最後は土方元と互角な奴、カイザー武藤よりも強そうな「猿神跳魚」が出てきて、次回はいよいよトーナメント戦でワクワク・ゾクゾクの期待感大。「人には大きな美徳がある。人は愚かで儚くそれ故、哀しく美しい。闘いは愚かなものの最たるものでその闘いを見るのは愚かさ、儚さを愛でること」もたまらない。

2020/12/05

hiroy

脊髄反射的に購入読了してしまう獏先生の新作。いい加減こんだけ待たされれば前の展開覚えてないッスよ。姫川の親父となんか強い親父が対決。親父同士のくせに緊迫感のスゴイこと。つくづく獏先生の格闘描写は一流だ。物語も強そうな奴らがまたしてもワラワラ出てきて風呂敷広げすぎな上にトーナメント開催という黄金展開が始まりそうで獏先生の余命がマジ心配。そうか。もう67か。1年で1巻出してくれれば死ぬまでに完結してくれるだろうけど頼むよホント。今のペースと拡大傾向モリモリの展開だと絶望。ところで表紙の親父は誰なんだという…。

2018/07/21

北白川にゃんこ

ある意味曲者頂上決戦。汚ないな獏先生のキャラクターは大体汚ない。そろそろ獏先生も死ぬ前に連載を終わらせるために頑張るぞ!

2018/07/23

感想・レビューをもっと見る